サマータイム反対!Twitterで話題の反対理由とは?

2020年の東京オリンピックの暑さ対策にサマータイムを導入することに、菅官房長官は慎重な姿勢を示したことがニュースで報道されました。

Twitterにはサマータイム反対の声が続々と上がっています。

IT業界の関係者の方が多いようですが、その他の職種の方もサマータイムへの反対を訴えています。

現在IT業界で働いている、システム開発についてほとんどわからない私ですが、反対者の1人として反対理由と代替え案について考え、まとめてみました。

スポンサーリンク

サマータイムの問題点

サマータイムについてよくわかっていなかった私は、「2時間早くなるんだから、9時始業なら7時に会社に行けばいいんでしょ?」と思っていました。

一部の会社が取り組むのであれば確かにそうなるようですが、事は重大で、「日本の時間を2時間前にずらす」ということだそうです。

要するに今の7時が9時になるというのです。

その問題点について、Twitterの内容よりまとめてみました。

2時間早起き、できますか?

考えてみれば、私は2時間早く起きて得した、と思えても、自律神経の病気を抱える娘は起きられるはずありません。

小さいお子さんを抱えるご家庭は、子供の生活リズムを変えることで自分への負担もあるでしょうが、お子さんが体調を崩すことになりかねません。

ただでさえ猛暑が予想される夏に、体調を崩すことがどれだけ大変な事態になることか。

まずは国民の健康について考えていただきたいものです。

会社に早く行けばそれだけ早く帰れる?

これについては私も当然残業になるな、と思っています。

それにせっかく通勤時間を暑くなる前に設定しても、帰る時間はまだ最高気温に近い時間帯になることを考えれば本末転倒、むしろ今のままの方がよっぽど熱中症対策には有効です。

まだ明るいことで時間の感覚がおかしくなって、残業時間も今までより長くなることも想像できます。

そう考えると過労死率がアップしそうで仕方ありません。

システムへの影響大

そうなんですよね。今IT業界の方々は、元号の変更対応で大変なシステム改修を迫られています。

元号も多少早くわかるようにしてくれるらしいですが、今の世の中システムなしではどうにも生活できない状況になっているのに、その上サマータイム対応なんて発生したらどう対応しろというのでしょうか。

さすがに私も無理だ、としか言えません。

そもそもIT業界は深刻な人材不足。これ以上国民を苦しめるのはやめてほしいです。

スポンサーリンク

サマータイム導入なしで解決する方法は?

Twitterに上がっている意見には、ただ反対なだけでなく、サマータイムに変わる案を提案されている方もいます。

政府もこの中から意見を取り入れて、サマータイムに踏み切る前にぜひ別の方法を取ってほしいと思い、まとめてみました。

すべての競技時間2時間前倒し案

2時間前倒し、は一番簡単そうな手段に思えます。

交通機関等については調整等大変になると思いますが、サマータイム導入よりは影響範囲が少ないと思います。

資金が必要だからサマータイム導入にした、という意見もTwitter内にはありましたが、人命が一番ならお金を出していただきたいものです。

オリンピックを秋にずらす案

1964年の東京オリンピックは秋に開催されていたんですね。日本人として、すみません。

今や運動会を春や秋に変更しているのに、世界中の人々の集まる大きなイベントを、なぜ人の体温より暑い時期にやる必要があるのか。

気候の変化は日本だけの責任ではなく世界中で向き合っていく問題なのですから、そこはきちんと説明して交渉するべきだと思います。

誘致の時の説明と異なってしまう、と言っている方もいましたが、その時と今の日本ではずいぶん変わってしまったのではありませんか?

競技時間を夜にする案

夜だけで、というのはちょっと厳しいかもしれませんが、競技時間を早朝と夜に分けたらスケジュールはこなせないでしょうか?

オリンピックはきつきつのスケジュールなのはわかりますが、そこを数日伸ばしてでも日中を避ける必要があると思います。

どうしても夏に開催するのなら、私は夜メインで大会を行うことに賛同したいと思います。

まとめ

今回サマータイム反対の意見について、Twitterを参考にまとめてみました。

サマータイムの事を最初は勘違いしていたので、どれほど重大なことなのか、Twitterから勉強させていただきました。

私の意見としては、オリンピック開催は秋へずらすことが一番いいと思います。

サマータイム導入を推し進めるより、IOCや各国を説得する方が大変なのかもしれませんが、そのことで国民が疲弊して国力自体が落ち込んでしまうのは、賢い選択とは言えないと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です