地震の震源地 住んでいる地域の活断層を知っていますか?

自分の住んでいる地域のどこに活断層がある?

昨日(2018年6月18日)、通学・通勤時間帯に起きた大阪の地震、最大震度6弱という規模の大きさにびっくりして、テレビに釘付けになりました。

発生直後は被害についての報道は追いついていませんでしたが、しばらくして小学4年生の女の子がプールの壁の下敷きになって亡くなったことを知り、いたたまれない気持ちになりました。

地震というのはプレート同士がぶつかり合うことで起きていることは知っていましたが、今回の大阪の地震がどの活断層が原因で起きているか特定できない、というニュースを聞き、そう言えば活断層というのはよく聞くけれど、活断層がどこにあるかなんて、今まで意識したこともなかったことに気が付きました。

スポンサーリンク

私が社会人となってから、阪神淡路大震災や東日本大震災、熊本地震など、大きな地震は何度も起こっています。

実際私の住む地域でもここ2年以内に震度5弱以上の地震が2回は発生しています。

最近も震度5弱の地震があり、なんか嫌な感じがする、大きな地震が来なければいいけど、と頭をかすめたこともありました。

それなのにこの危機感のなさ・・・我ながら情けないと思います。

今日、お昼休みに職場の人数名に「活断層がどこにあるか知ってる?」と聞いてみました。

みんな「知らない」と答えました。

例えば知っていたとして、それを避けたところに住む、なんてなかなかできないことだとは思うものの、だとしてももしもの時のことを考えて備えておかなくていいのか・・・

災害グッズすら常備していないお気楽な自分たち家族を考えると、申し訳ない気持ちでいっぱいになります。

地震で思い出す悔やまれてならないこと

今回の震度6弱の地震は前震であるとする見方もあり、いつ起きるかわからない地震を考えると、関西方面で暮らしている方たちがどんな気持ちでこの瞬間を過ごしているのか・・・

どうかこれ以上何も起こらないでほしいと祈らずにはいられません。

大きな地震が起きると、私は必ず東日本大震災を思い出します。

その時私は車の運転をしていました。

地震はあったもののあれ?揺れてる?くらいの感覚しかありませんでした。

会社へ戻って初めて地震のことを知り、やっぱり地震だったのだと、一緒に車に乗っていた人と話しました。

それから続々と報道される光景を見て、事態の大きさに気付き、私は背筋が凍る思いがしました。

東日本大震災が起こった時のことを思い返すと、私は今でも悔やまれてならないことが1つあります。

それは東京方面で暮らしている友達の安否をきちんと確認しなかったことです。

東京近郊の被害というのをあまりわかっていなかった、ということもありました。

娘の親友が宮城県へ引っ越したばかりで、なんとか無事を確認したいと娘と一緒に何度も何度も電話をかけましたが、その電話がつながることはありませんでした。

後日学校の先生から、引っ越した先は内陸の方だったのでそこまでの被害がなく、娘の親友が無事であることを知りました。

スポンサーリンク

ほっとしてしばらくしてから、友達のことを思い出しました。

もう何年も連絡を取っておらず年賀状すら出さなくなっていた友達で、きっと結婚してどこか違うところで暮らしているかもしれませんが、時間が経ちすぎていて共通の友達に確認することもできなくなっていました。

本当に、私は最低だ・・・

今日まで噂も聞いていないので、無事であることは間違いないと思ってはいても、未だに思い出すと苦しくなります。

どうして私はこんなに冷たい人間なのか。

そういう私だから、いつでも人を思いやる気持ちを忘れてはいけないと自分に言い続けています。

活断層はすぐ近くにあった

インターネットで調べてみると、「活断層マップ」というものがあったので、自宅周辺に活断層があるのかを調べてみました。

すると自宅から5キロ以内のところに活断層が・・・

そこから更に北の方へ行くと、複数の活断層が山沿いに伸びていました。

そんなことも知らずにここに暮らしているのかと、チコちゃんに「ボーっと生きてんじゃねーよ!」と叱られそうです・・・

とはいえ、冷静に見てみれば活断層の多い地域に比べたら、かなり少ない場所に住んでいることもわかりました。

ちょっとだけホッとしたものの、この活断層がいつ地震を引き起こすかなんて全くわかりませんし、活断層だけが大きな被害を引き起こす地震の原因というわけでもありません。

普段からどんなに慎重に生きていたとしても、自然災害だけはどうやっても防ぐことはできません。

朝のニュースで品出しをしていた八百屋さんの地震直後の様子を放送していました。

最初ニュースでは揺れ方や物がどの位落ちたり倒れたりしたかに触れていましたが、私はそこにいる人たちが一斉に外へ飛び出したことにびっくりしました。

普段から地震が起こればすぐにお店の外へ飛び出すようにしていたとのことで、いざ大きな地震があっても反射的に外に飛び出せたそうです。

東日本大震災があってから、市内の学校では次々と補強工事が行われました。

建物は耐震を考えて対応したけれど、その周りの壁や塀までは手が回らなかったのではないか、と会社でも話していたのですが、今回の地震で今度はその周りも対応していくようになるのだと思います。

どうしようもない災害に見舞われても、人間は知恵を振り絞って命を守るためにこれからも戦っていくのだな、と思いながら、自然と共に生きていくことの厳しさを痛感しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です