大雨に地震そして相次ぐ犯罪 日本はどうなってしまうのか

これからの日本の未来に感じる不安

梅雨明けしてからすぐ台風がやってきて、その後日本列島はずっと大雨に見舞われています。

大雨の影響で住宅が浸水し川が決壊、土砂崩れや浸水による漏電で工場の爆発事故が起こるなど、日本の各地で被害が拡大しています。

その上今日は千葉県で震度5弱の地震が起こるなど、予断を許さない状況が続いています。

スポンサーリンク

温暖化の影響なのか、夕立というよりゲリラ豪雨と呼ばれる局地的な大雨が数年前から頻繁に起こるようになり、夏場の気温は当たり前のように30度を超え、私の子供の頃と比較すると信じられないような気候となっています。

そしてこれは私の感覚なのですが、6月は悲惨な事件がかなり多い月だったように思います。

新幹線での無差別殺人や虐待で娘を死に追いやったり身内を殺してしまったり、ブロガーがブロガーに殺されてしまったり・・・

自然も人も、何かがおかしくなってきているのではないかと、思わずにはいられません。

日本の未来は、どうなってしまうのでしょうか。

今年は地震が頻繁に起こる年

東日本大震災や熊本地震が起こっているからか、地震にはこのところかなり敏感になっています。

先日も地震の震源地 住んでいる地域の活断層を知っていますか?で書いたのですが、このところ私の住んでいる地域でも少し大きい地震があったり、最近では大阪で震度6弱の地震が起きています。

その前後でも各地で地震が相次いで起こっており、何かこのままで終わらないような、漠然とした不安がずっと心のどこかにあります。

私の住むところは大きな災害というのは今までほとんどありませんでした。

でも2、3年程前には震度6くらいの地震や少し前に震度5弱の地震もあったり、今回の大雨の影響で山側の地域では避難勧告や避難指示が出たりと、とても楽観視していられない状況になってきました。

これは私の住んでいる地域だけの問題ではなく、恐らく日本各地でもそういう状況が起こっていると思われます。

まだ今年も半分を過ぎたばかりでこれだけ多くの自然災害に見舞われています。

杞憂で終わるならそれに越したことはありませんが、何があってもすぐ対応できるように備えておかなくてはいけないし、今日本で起きている災害の情報に気を配る必要があると感じています。

スポンサーリンク

犯罪が増えることと気象や自然災害との関連性はないのか

今まで殺人事件や凶悪犯罪というものが全くなかったわけではありませんが、先月は多かったように思っています。

とにかく、殺人が多かった。

なぜ、踏みとどまることなく人を殺してしまったのか。

その背景や犯人の人物像までわからないので断言することは1つもできませんが、なんとなく異常気象も人に影響を与えているのではないかと思えてなりません。

簡単な例ですが、私や私の家族は片頭痛持ちです。

特に雨の降る前とか季節の変わり目などは頭痛が起こりやすいです。

それでも私は子供を産んだ辺りから体質が変わったのか、今まではあまり頭痛が起きることはなかったのですが、数年前からたまに頭痛が起きるようになりました。

ただこの時の頭痛は一日中パソコンを使っているために起こる肩こりからくる頭痛だろうと思っています。

でも今年はちょっとした気候の変化などですぐに頭が痛くなります。

肩こりの延長に片頭痛も加わって、週の半分くらいは頭痛があるように思います。

あくまでも憶測ですが、そういった気候の変化などが頭痛として体に現れる人もいれば、精神的な部分に影響する人も少なからずいるのではないでしょうか。

今はストレス社会と言われているので、誰しも多かれ少なかれストレスを抱えて生きている中、こういった自然の影響も加わればどこに症状が出てもおかしくないと思えます。

もし、本当にそうだったとしたら、今後犯罪は増える一方になってしまいます。

私達人間が壊してしまった自然を、どうにか昔に戻そうとしても、多分無理なのでしょう。

エアコンを使わないようにしていたら熱中症で死んでしまうように、この地球で生きて行くには文明の力を借りずにはいられない状況です。

こうして考えると、どこか自然と人間がお互いの命を削り合っているような、そんな印象を受けます。

天空の城ラピュタのシータのセリフを思い出しました。

「土に根をおろし、風と共に生きよう。種と共に冬を越え、鳥と共に春をうたおう。」

人間はいつ、間違えてしまったのか。

スマホもパソコンもない生活を考えられない自分ですが、本来あるべき人間の姿ではないことが、今の自然災害や犯罪を起こすことに繋がっているとしたら、もっと真剣に向き合わなくてはいけない問題ではないかと思っています。

最後になりますが、被災された方々が一日も早く通常の生活に戻れるようお祈り申し上げます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です