中学2年で不登校になった原因 挫折といじめ

前回は中学2年で不登校になった原因 きっかけの引っ越しで、もともと娘がどんな子だったのかを書きました。

今回は中学生の頃の話を書きたいと思います。

スポンサーリンク

引っ越してから8ヵ月、娘は無事小学校を卒業し、知っている人も、友達もいない中学校へ進学しました。

最初の頃は人見知りもあって緊張して通っていましたが、小学校高学年から金管バンドで吹いていたトランペットを続けたいと、吹奏楽部へ入部しました。

娘の通っている中学校の吹奏楽部は、新入部員一人一人がすべての楽器を吹いてみて、その新入部員に一番向いている楽器を先輩方が決定するようなルールがありました。

先生が決めるならまだしも、先輩が決めるってどういうことなんだ、と思いはしましたが、それがルールであれば仕方ありません。

娘は本当にトランペットが好きで、将来の夢はトランペット奏者になること、と言っていました。小学校の卒業アルバムにもトランペットを抱えて満面の笑みで写っています。これほどまでに純粋に笑っている写真は、この時以降に撮った写真にはないほどに。

中学の吹奏楽部は希望する楽器を吹けるとは限らない、とは聞いていたので、入部する時に娘と約束をしました。もしトランペット以外の楽器になってしまったら吹奏楽部を辞めて、トランペットを習おうと。本人も納得していました。

ちょっと甘やかしすぎかもしれませんが、本当にトランペット奏者になりたいのなら、違う楽器を一から始める寄り道をしている時間はないと思ったからです。

ですが結果は・・・残念ながらクラリネットに決まりました。

これは高校生になってから本人もやっと納得できることなのですが、トランペット(金管楽器)よりクラリネット(木管楽器)が向いていたのです。

実際吹いてみて娘も楽しかったらしく、「クラリネットをやりたい」と言い出しました。

最初に約束をしていること、本当にやりたいことでないと途中で嫌になってしまう場合があることを話し、自分で決めたのだから最後まで続けると約束させ、そのまま部活を続けることになりました。

中学での部活のことは、本物の夢に出会って実現する日まで~中学時代~ に詳しく書きましたので、よろしければご覧下さい。

そこでも書いたのですが、最初の頃は楽器の練習よりもマーチングの基礎練習で、体を使ってクタクタになるまで練習していました。

その内楽器ごとに分かれて練習するようになると、みんなが喋ってばかりで真面目に練習しなかったので、娘は一人で黙々と練習していたそうです(他の楽器ではきちんと練習しているところもあったようですが)。

それもそのはず、娘の小学校の金管バンドは先生も厳しく、娘の頃は全国大会の一歩手前まで行き、昨年は全国大会に出場するほどの学校でした。そういう学校で練習してきた娘にはその状況を受け入れることができませんでした。コミュニケーションを取ることも大切なことですが、それよりも練習しなくてはいけない、そういう責任感と正義感の強い子だったのです。

そんな娘は次第に練習する時に声を掛けられなくなり、仲間外れにされるようになったようです。

娘も「本当にやりたかったトランペットができなくても頑張って練習しているのに、どうして?」という思いが日に日に強くなっていきました。

スポンサーリンク

また、クラスでもいつしかいじめの対象になっていました。

同じクラスで近所に住んでいる男子が、これまでほとんど話したこともなかったのに突然「けつあご」と言い始めたのがきっかけでした。

思い返せば前々からなぜかよく目が合うな、とは娘も思っていたそうです。そうやって娘を見ているところをどうも男子にからかわれたようで、「だってあいつよく見るとけつあごじゃね?」と。

本当に、本当によく見ないとわからない程度のことです。その時もし私が娘の傍にいたら「よく見ないと全然わからないのに、本当によく見ているんだね」と言ってやり返してやれたのに。今思い出しても悔しくてなりません。

それからというものクラスの男子からかわれるようになり、その内「お前の顔を見てると吐き気がするから学校来るな」とまで言われるようになったそうです。

ある日娘が学校から違う方向から帰ってきたことがありました。それを見ていた同居している私の母(娘の祖母)がどうしたのか聞いたところ、男子に「けつあご」と言って追い掛け回され、逃げていたと言っていたそうです。私が聞くと「帰り道が一緒になるのが嫌で違う道から帰っただけ」というので、その時はそこまで深刻に考えませんでした。

明るかった娘は家で荒れるようになりました。

気持ちが荒んだ、というか、物に当たることはあまりなかったものの、部屋にこもりがちになり、汚い言葉で反抗したり、きちんと話をしようとしなくなりました。

そして頭痛で学校を休みがちになっていったのです。

2年でクラス替えがあり、いじめの原因の男子ともクラスが分かれたため、娘は気を取り直して頑張ろうと思っていましたが・・・

ある時その男子が娘のいるクラスに来たのです。娘のクラスにいる、部活で仲のいい友達のところに来たのでした。

娘を見つけて大きい声で「けつあご!!」と呼び、それからは1年の時と同じ、新しいクラスの男子からもいじめられるようになってしまいました。更に今度は女子からも悪口を言われるようになっていったのです。

中学2年で不登校になった原因 頭痛・起立性調節障害へ続く

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です