「シロクロ」レンは双子の妹?リコの入れ替わり説を考察してみた!

ドラマ「シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。」の第2話が放送され、レン(演・清野菜名さん)のお姉ちゃんがリコで、放火によって亡くなってしまったことが判明しました。

1話の放送が終わった後、レンはもしかしたらもう1人と入れ替わっているのではないかと思ったのですが、2話を見たらよくわからなくなってきました。

妹のレンと姉のリコは果たして入れ替わっているのか、考察してみました。

スポンサーリンク

「シロクロ」1話・2話でレンはリコと双子であることが濃厚!

レンの部屋と母・麻衣子(演・山口紗弥加さん)の病室には、同じ写真が飾ってあります。

その写真では麻衣子を真ん中にして、女の子2人が左右に座っています。

異様なのは、レンの部屋の写真は向かって右の女の子、麻衣子の病室の写真は左の女の子がそれぞれ黒く塗りつぶされていることです。

そして麻衣子は右側の女の子を抱き寄せて顔を寄せ、左側の女の子は麻衣子にしがみつくように腕を組んでいます。

1話ではその写真が映っただけでしたが、2話で写真の左側がリコ、右側がレンということがわかりました。

この写真を見ても母・麻衣子は右側の女の子を可愛がっているということがわかりますが、2話ではレンへの溺愛ぶりと片方の女の子を檻に閉じ込めていたことがわかっています。

スポンサーリンク

2話ではレン親子が10年前に巻き込まれた事件が連続放火事件で、その時に姉のリコが亡くなり、レンはPTSDを発症、犯人は不明であることもわかりました。

私が入れ替わりを疑った理由は、1話でレンがお見舞いに持って行ったバナナを麻衣子がゴミ箱に捨てていたことからでした。

レンが来た時には本当に嬉しそうに、満面の笑顔で「レン、おかえり」と言っていたのに・・・えっ!?と思った人も多かったと思います。

ここから、レンの姉妹(リコ)がレンに入れ替わっているけど、母は知らないふりをしながら、実は見抜いているのではないか、と考えました。

でも2話で檻に閉じ込めていた女の子に、麻衣子が投げ与えていたのがバナナだったのを見た時、あれ?入れ替わりじゃない?と感じたのです。

レンはかわいいけど、バナナに嫌な思い出しかないなら捨てることもあるかな、と思うし、もしレンが本当はリコでバナナを持って行ったのなら、かなり嫌味ですよね・・・

逆にお母さんからもらえたバナナがすごく嬉しかったから、お母さんもきっと喜ぶと思った、と考えられなくもないですが(^_^;)

更にレンが写真の左の女の子に向かって「リコ・・・ごめんね。私だけ生きてて」、と言い、麻衣子は「リコが死んでくれて良かった」と言っているのを聞いて、やっぱり入れ替わりじゃないかもと思えたり。

それでもやっぱり入れ替わり説は否定できないんですよね!

スポンサーリンク

「シロクロ」双子のレンとリコが入れ替わっていると思う理由・考察

私がレンとリコが入れ替わっていると思うのは、次の点です。

  • 檻に閉じ込められている回想シーンの目線が閉じ込められている側
  • 母・麻衣子が入院していること
  • リコがミスパンダの性格に近い
  • 火事のシーンの「お姉ちゃん」がリコっぽくない(=レンっぽい)

お姉ちゃんと言っていたレンが「リコ」と呼んでいることも気になりましたが、双子なのでお互い名前で呼び合うこともあると思い、理由には入れませんでした。

それぞれ見ていきたいと思います。

檻に閉じ込められている回想シーンの目線が閉じ込められている側

バナナを食べているのを見ている目線もあるのですが、回想シーンのほとんどは檻側から見ている目線です。

そのカメラワークがどうしても疑いたくなってしまうんですよね。

母が投げたバナナ、それを美味しそうに食べているリコが頭に焼き付いて離れないのかもしれませんが、それにしては母の目線の先も檻の中の自分なんですよね。

美味しそうに食べているということは、リコ(レン)はバナナが美味しいと思っているからお見舞いに持って行ったのかもしれません。

母・麻衣子が入院していること

麻衣子が2話の最後で黒く塗りつぶされた写真の女の子を引っ掻きながら、「ほんと、リコが死んでくれてよかった」という言葉。

言葉だけ聞くと、酷すぎます。

そう言っている顔にはうっすらと笑みはあるように見えますが、その表情はかなり苦しそうでそこから本心を読み解くことはかなり難しいです。

お見舞いに言ったレンがそれを病室の入口で聞いてしまい、そのまま帰っていくのですが、その言葉に傷ついたとも取れます。

そもそもリコが死んでしまったことに苦しんでいて入院しているとしたら、そんなことは言わないはずですよね。

今までしてきた仕打ちに後悔していたとしても、同じです。

私には、レンではなくリコが死んだのだと自分に言い聞かせようとしているように聞こえました。

それに本当にリコが死んでよかったと思っていたとしたら、入院している理由がわかりません。

リコが亡くなったことで自分を責めていることも考えられなくはないですが、虐待していた子が亡くなってしまった時、入院するほど自分を責めるでしょうか?

ちょっと私には想像することもできませんが・・・

いずれにしても、麻衣子は精神を病んでしまっているとは思いますが、ここまでの状態になっているのは、本当はレンが亡くなっているからじゃないかと思えます。

もし、もしもですが、麻衣子の子供の可愛がり方が異常で、あまりの可愛さに檻の中に閉じ込めていたというなら、この考察もだいぶ変わってしまいます。

そうであれば美味しいものを檻の中に運んでいくと思うんですけどね・・・

スポンサーリンク

リコがミスパンダの性格に近い

レンと麻衣子が写真左側の女の子を「リコ」と呼んでいるので、リコは左側の女の子で間違いないと思います。

ただここまで来ると、それすらも疑わしいのですが。

それを前提として考えた時、写真から受けるリコの印象は明るくて活発そうで、右側のレンとは違うんですよね。

レンはどちらかというと落ち着いて見えて、むしろお姉ちゃんにも見えますから。

直輝(演・横浜流星さん)がミスパンダを催眠状態でどうしているのかがわからないのですが、あの身体能力は催眠状態で引き出されたものとしても、あの明るい性格はリコを思い出させます。

また、1話でのミスパンダの

  • 愛菜さんが死んであんただけが生き残るなんてそんなの不公平だよ
  • 人間もパンダみたいに全員同じ模様だったらいいのにね

という言葉や、頭の中に聞こえた「ここから出して」という女の子の声を考えると、レンとして生きるために閉じ込められているリコが出てきているように思えてなりません。

火事のシーンの「お姉ちゃん」がリコっぽくない(=レンっぽい)

こちらも写真のイメージのリコから考えると、火事のシーンの女の子はレンっぽいんですよね。

そして史上最年少優勝で新聞に映っているレンも、写真のイメージのレンと重なります。

今のレンはPTSDで大学病院の精神科にかかっていて、担当医の門田明宏(演・山崎樹範さん)から薬を処方されています。

2話の最後では門田が囲碁喫茶に来て、レンの親代わりでもある店主の加賀春男(演・升毅さん)から、レンがライターの炎を見て「お姉ちゃんが燃えている」と言っていたことについて話していました。

門田が患者に親身な医師と考えればわざわざ出向いてくれることもあるかもしれませんが、門田が人格を入れ替えた張本人と考えればその行動も納得できます。

虐待されているリコのまま生きていくよりレンとして生きる方が生きやすいことや、レンを亡くして大きなショックを受けている母・麻衣子のためを考えれば、人格を入れ替えるのも仕方ないかもしれません。

でももし放火犯が門田で、それを見てしまった現在のレンを記憶を消すためにやったことだとしたら・・・とつい深読みしてしまいます。

2話の後公開されたチェインストーリー #2.5話では、門田が直輝と話し終わって反対方向へ歩き始めた時、笑顔だった顔が急に冷たい無表情になったのも気になります。

直輝の能力はわかっていると思うので、ただ単に警戒しているだけかもしれませんが・・・

レンにフラッシュバックが起きた原因を、「何か外部から別の力が加わっているのかも」と言っていた門田。

レンと直輝が顔見知りであることを知れば、門田はすぐにそれが直輝の仕業とわかると思うので、これから先の2人の攻防も気になります!

スポンサーリンク

今のレンはやっぱりリコの入れ替わり!?

3話の最後は、直輝が門田に「川田レンはレンじゃないですよね?」と問い詰めているところで終わります。

これを聞くまで私はもしかして本当は入れ替わっていないんじゃないか、と思っていました。

というのも3話の途中で門田が机の中から出した資料(もしかしたら今書いている論文)に、「一卵性双生児における記憶の相互関係について」と書かれていたからです。

これでレンとリコが双子、しかも一卵性双生児であることがはっきりしました。

レンは放火で炎に囲まれている時柱が倒れてきて、怖くなってリコを見捨てて逃げたことをずっと後悔していました。

それを直輝に打ち明け、俺も一緒だとレンを抱きしめて大好きな父親を失ったことを話す直輝が、その直後に「パンケーキ食べに行こう」と言った時、怖いものを感じましたが・・・それはさておき。

今回の犯人を成敗?し、居場所を突き止められた神代(演・要潤さん)から逃げている途中、大きな門が行く手を阻んだ時。

フラッシュバックが起きたミスパンダを見ても、閉じ込められていたのはレンで、母・麻衣子の愛情表現が異常だったのでは!?と思ったほどでした。

でも直輝はそれを見てレンではなくリコだと確信したのだと思います。

4話の予告では、直輝が門田を責め立てていたので、門田が故意に2人を入れ替えたことも間違いないでしょう。

門田が2人を入れ替えた理由は、予告を見るとリコと母・麻衣子が生きていくために必要だったからのようです。

私が疑った放火犯やコアラ男ではなさそうなので、そういう意味では悪い人ではなかったようです。

ただ、もし論文の研究材料としていたとしたら、医者としては失格ですよね。

ドラマ「シロクロパンダ」の再放送はいつ?見逃し配信を無料で見る方法は?「シロクロ」1話のあらすじ・考察!Mr.ノーコンプライアンスはあずさの父だった!

「シロクロ」双子のレンとリコの入れ替わり説の考察まとめ

今回は「シロクロ」のレンとリコの入れ替わり説を考察してみました。

私は下記の点から、レンとリコは入れ替わっていると考えました。

  • 檻に閉じ込められていた女の子の視点とレンの回想が同じ
  • レンの母・麻衣子が入院していること
  • ミスパンダの性格がリコっぽく、火事のシーンのリコがレンっぽい

この考察はあくまでも檻に閉じ込められているのがリコであることが前提でした。

そして3話の最後でリコがレンに入れ替わっていることがはっきりし、次回4話での直輝と門田の会話の攻防が気になります!

ネットでの考察や感想を見て、パンダは双子が産まれやすいけど、片方は育児放棄するということを知りました。

パンダは正義の味方として描かれているだけではなさそうですね。

これからの展開が見逃せません!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です