平手友梨奈はなぜ脱退?卒業との違いは?今後の活動は女優?歌手?

欅坂46の平手友梨奈さんが脱退というニュースで大騒ぎになっています!

平手友梨奈さんと言えば不動のセンターで、それはまだまだ続くと思っていたの私は、驚きが隠せません!

なぜ平手友梨奈さんはこんなに早く、そして脱退という形で欅坂を辞めるのでしょうか?

そもそも卒業との違いは何でしょうか?

今後の活動についても調べてみました。

スポンサーリンク

平手友梨奈の脱退理由は?

平手友梨奈さんの脱退は、公式サイトで発表されました。

欅坂46のメンバーとして活動してまいりました織田奈那、鈴本美愉はこの発表をもちましてグループを卒業、平手友梨奈はグループを脱退致します。
在籍中はたくさんの応援をいただきありがとうございました。

また、佐藤詩織は本人からの申し出により活動を一時休止致します。活動再開の目途が立ちましたら改めてご案内致します。

Seed & Flower合同会社

引用元:欅坂46公式サイト

織田奈那さん、鈴本美愉さんは卒業なのに、平手友梨奈さんはあえて脱退として発表されています。

平手友梨奈さんの脱退理由には触れておらず、発表直後のTOKYO FM「SCHOOL OF LOCK!」で語られるのでは!?と思われていました。

でも、本人の口から脱退の話は出たものの、理由については「今は話したくない」と言っていたようです。

平手友梨奈さんのコメントの後、「黒い羊」が流れたんですね。

なぜここでこの選曲なのか・・・

つい深読みしてしまう気持ち、わかります!

脱退理由は本人が話そうと思うまで聞けそうにありません。

わかり次第追記したいと思います。

スポンサーリンク

脱退と卒業の違いは?

そもそも脱退と卒業では何が違うのでしょうか?

卒業・・・双方円満のうちに離脱

離脱・・・タレント主導の突発的離脱

卒業は自分の役割などを果たして円満に退職するイメージで、離脱は退職願を出して途中で退職するイメージでしょうか。

「もう無理だ」・・・平手友梨奈さんを見ていると、この表現が一番合っているように思えます。

平手友梨奈さんも、やりたいって思ったことを成し遂げていないから脱退としているのかもしれませんね。

ただ、本人の辞めたいという気持ちが強いものが脱退なのかな、と思われ、平手友梨奈さんも辞めたい気持ちが何よりも強かったんじゃないかな、と感じます。

卒業はどちらかというと、「(役目や仕事が)終わった」という感じですから、平手友梨奈さんには当てはまらないですよね。

平手友梨奈の今後の活動は女優?歌手?

平手友梨奈さんの今後の活動は何がメインになっていくのでしょうか?

2018年9月14日公開の映画「響-HIBIKI-」では、日本アカデミー賞新人俳優賞を受賞するほどの演技で、女優としても活躍できることは間違いありません。

でも、アイドルグループの1人とは思えないようなカリスマ性のある平手友梨奈さんなので、シンガーとして今後も活動していってほしいと願ってしまいます。

スポニチの記事によると、音楽関係者は

まだ18歳なのに、気安くは触れられない特別な存在感は、全盛期の浜崎あゆみや宇多田ヒカル、引退間際の安室奈美恵のような別格のアーティストオーラになっています。女優とか歌手という枠やジャンルにとらわれない“表現者”として活動してくのではないか

引用元:Sponichi Annex

と話しているそうで、今後育ての親の秋山康さんの動きにも注目ということです。

本人はまだ先のことはきちんと決めているわけではないかもしれませんが、平手友梨奈さんは同じ個性を持った人を見たことがないほど際立った人です。

枠にとらわれない「表現者」としての平手友梨奈さんの活躍、楽しみです!

スポンサーリンク

平手友梨奈の脱退理由・卒業との違いと今後の活動についてまとめ

今回は欅坂46の平手友梨奈さんの脱退理由や卒業との違い、今後の活動についてまとめてみました。

  • 平手友梨奈さんは脱退の理由は「話したくない」と言っていて、本人が話したいと思うまで待つしかないよう
  • 役目を終えて双方合意で辞めるのが「卒業」で、本人主導で途中で辞めるのが「脱退」
  • 今後は枠にとらわれない「表現者」としての活動に期待!

突然のことでファンの皆さんはかなりのショックを受けています。

でも引退するわけではありません!

これからも平手友梨奈さんの活躍を見れると思えば、チームの1人ではなく、自分らしく活動していけることは平手友梨奈さんにとっては喜ばしいことかもしれません。

娘と同い年の平手友梨奈さんが、これから自分らしく活躍することを心から祈っています!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です