千原ジュニアがプレバトで見せた才能がすごい!イチオシ作品もまとめ!

芸能人の意外な才能や特技が注目されることがありますが、お笑い芸人・千原ジュニアも芸術的な才能をある番組で披露し話題になっています。

様々なジャンルで活躍を続ける千原ジュニアの意外な才能は気になる方も多いのではないでしょうか。

話芸センス抜群の彼は、実は人気バラエティ番組「プレバト!!」で数々の傑作を披露し、知られざる多彩な芸術センスで大活躍しているんです。

そこで今回はファンや芸術家も驚きの千原ジュニアの隠れた才能をご紹介!

これまで披露した作品のイチオシもまとめてみました!

スポンサーリンク

千原ジュニアが人気番組・プレバトで大活躍!

「プレバト!!」はダウンタウンの浜田雅功がMCを務める大人気バラエティ番組。

著名人や芸能人が俳句や生花、絵画など様々なジャンルに挑戦し、先生が評価を査定しランキングを付けていきます。

スタジオでは挑戦者の知られざる才能が明かされ、高視聴率を獲得しています。

数多くのお笑い芸人も挑戦者としてゲスト出演し、千原ジュニアもこれまでに様々なジャンルに挑戦してきました。

番組内では知られざる才能に驚きの声が上がることが多いプレバトですが、実は千原ジュニアは多くのジャンルで好成績をおさめ、今では多才タレントとして一目置かれる存在になっています。

型にとらわれない作品が特徴的でゲストや視聴者だけでなく先生からも称賛の声が上がっています。

トークでも切れ味鋭いコメントや頭の回転のはやさが売りですが、アーティスティックな感性も抜群で、発想力もファンの想像をはるかに超えるものばかり。

そんな千原ジュニアのプレバトで見せた才能をまとめてみました!

スポンサーリンク

千原ジュニアの知られざる才能とは!

俳句

俳句部門での出演歴が長い千原ジュニアはこれまで数多くの作品を詠みあげてきました。

当初は才能アリや才能ナシを繰り返してきましたが、先生の添削のおかげか、しっかり実力をつけ、見事名人の称号を獲得するまでに成長しました。

作家や落語もこなす千原ジュニアはもともと文才があったのかもしれませんが、すばらしい才能ですよね。

自身の経験から詠みあげられる句は、千原ジュニアならではの独特な視点の作品ばかり。

プレバトの俳句部門は定番コーナーとなっており、特別番組が組まれるほどの人気ぶりです。

ぜひみなさんも千原ジュニアが詠み上げる独特の俳句に注目してみてください!

スポンサーリンク



消しゴムはんこ

以前ご紹介した千原ジュニアの消しゴムはんこ。

千原ジュニアの消しゴムはんこが衝撃!障子サイズのプレバト展示会も話題!

このジャンルでも名人の称号を獲得しており、番組初の2部門で名人を獲得しています。

「秋の消しゴムはんこ頂上決戦2019」でみせた障子サイズの特大消しゴムはんこはまったく予想できない視点から作品を作り上げ、大きな注目を集めました。

はがきサイズの消しゴムはんこのでも、細部までこだわる繊細ぶりを見せ、芸術センスを大いに発揮しています。

消しゴムはんこの部門の放送回数はそれほど多くありませんが、名人として今後も活躍が期待される千原ジュニア。

ぜひみなさんも注目してみてください!

スポンサーリンク

スプレーアート

2020年4月に新企画として登場したスプレーアート。

商店街のシャッターにスプレーのみを使ってアートを描くこちらの部門は、使いなれないスプレーとシャッターの大きさなど未知数な要素が多いにもかかわらず、挑戦者それぞれが個性的な作品を作り上げ、かなりの盛り上がりを見せましたコーナーになりました。

そんな中、千原ジュニアはなんと兄・千原せいじをダイナミックに描き、見事1位を獲得。

グラフィックデザイナーである先生も大絶賛でした。

1位の作品ということでスプレーアートテクニックももちろん素晴らしいのですが、千原せいじをかわいらしく表現する発想力とシャッター本来の色を生かした色彩テクニックが彼の才能を物語っています。

お笑い芸人ならではの発想とアーティスティックなテクニックを見事に使いこなす才能には驚いたファンも多かったのではないでしょうか。

その他の才能

活躍が特に目立つ才能をいくつかご紹介しましたが、他にも千原ジュニアが活躍したジャンルをご紹介します。

  • 生花
  • 絵手紙
  • 丸シールアート

これらの部門でも特待生を獲得している千原ジュニア。

俳句では才能ナシの評価を下されることもありますが、多才芸人であることには間違いありませんね。

彼の才能には驚かされるばかりです。

スポンサーリンク



千原ジュニアのイチオシ作品をご紹介!

これまで様々なジャンルで活躍してきた千原ジュニア。

そこで今回はイチオシ作品をいくつかご紹介します。

俳句部門で特待生から名人への昇格を獲得したこちらの一句。

「パティシエに告げる吾子の名冬うらら」

シンプルでありながら、情景や親の愛情がしっかり浮かぶというこの作品は先生も大絶賛。

またこの作品からは、千原ジュニアの「良きパパ像」も浮かんでくるという先生の解説に照れる場面もあり、千原ジュニアの意外な一面が垣間見れた作品でもありました。

スプレーアートで千原せいじを描いた作品もイチオシ作品のひとつですが、実は消しゴムはんこでも題材「せいじ」で驚き作品を作っていたんです。

一枚彫りで仕上げたこちらの作品もしっかり特徴をつかみ、独特の作品になっています。

バラエティ番組では「残念な兄」と揶揄することが多いですが、実は兄思いの一面もある千原ジュニア。

今後も千原せいじをモチーフにした作品に期待しましょう!

千原ジュニアのその他の才能についてはこちら!

千原ジュニアの紙粘土作品がすごい!インスタ画像と口コミまとめ!千原ジュニアは演技がうまい!?演技力がわかる必見の出演作品をご紹介!

千原ジュニアのプレバトで見せた才能やイチオシ作品のまとめ

この投稿をInstagramで見る

めちゃくちゃ久しぶりに同じ楽屋

千原ジュニア(@chihara_jr)がシェアした投稿 –

今回は千原ジュニアのプレバトで見せた知られざる才能やイチオシ作品についてまとめてみました。

彼のアーティスティックな才能に驚かれた方も多いのではないでしょうか。

芸術的なテクニックと個性的な発想をあわせ持ち、様々なジャンルでファンや驚かせてきた千原ジュニア。

新たなフィールドにチャレンジし、何事も器用にこなす彼の今後の活躍が楽しみです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です