マツコのインク誕生!?武田健が紹介する万年筆インクの通販を調査!

2019年5月14日放送の「マツコの知らない世界」で、万年筆インクコレクターの武田健さんが「万年筆インクの世界」を紹介しました。

文房具屋さんに行くと楽しくてつい必要ないものまで買ってしまう私ですが、万年筆となるとちょっと躊躇してしまいます。

万年筆はなんとなくハードルが高く感じるのは、私だけでしょうか?

でもその私が見ても万年筆のインクの綺麗さに心が踊ります!

今回は「マツコの知らない世界」で武田健さんが紹介する万年筆インクはどんなものか、その通販やお取り寄せの方法を調べてみました。

スポンサーリンク

万年筆インクコレクター・武田健さんの経歴・プロフィール

武田健

引用元:https://twitter.com/nagasawa_den

まずは今回「万年筆インクの世界」を紹介する万年筆インクコレクターの武田健さんがどんな方か、少しご紹介します。

武田さんは、「文具ライター」として活動されています。

武田さんのTwitterのプロフィールには、「テキストクリエイター」と書かれていました。

また小説家の山田詠美さんを研究する研究家でもあるそうです!

2018年10月時点で、武田さんはなんと2,000色を超えるインクを集めています

私がそんなに持っていたら、買ったものをまた買ってしまいそうです(^.^;

武田さんは万年筆インクを紹介するブログ(HAPPY INK DAYS)も書かれていて、きっとこの中に紹介される万年筆インクもあると思います。

万年筆インクの他、香水やマステ、手ぬぐいなどにも興味があるという武田さん。

「マツコの知らない世界」では、一体どんな万年筆インクを紹介してくれるのでしょうか!?

スポンサーリンク

マツコの知らない世界で紹介される万年筆インクの通販・お取り寄せ方法?

万年筆インクコレクターの武田健さんが紹介する万年筆インクとは、どんな種類のものなのでしょうか?

番組の予告を見ましたが、万年筆インクってこんなにいろいろあるんだ、と驚くほど種類があるんですね。

容器がおしゃれなものも多く、今までの私の万年筆インクのイメージがガラリと変わりました!

「マツコの知らない世界」で紹介される万年筆インクはどんなものか、通販やお取り寄せの方法とあわせて調べてみました。

マツコの知らない世界で紹介されるご当地万年筆インクは?


Twitterにもあったのですが、番組の予告の中でもこの「静岡茶」の万年筆インク、紹介されていました!

このTwitterの通り、紹介されている「静岡茶」の万年筆インクの瓶は違いました。

旧型の瓶、可愛かったのに変わってしまったんですね。

「静岡茶」の万年筆インクは静岡県にある「文具館コバヤシ」のオリジナルインクだそうです。

確かにご当地インクですね!!

「文具館コバヤシ」ではネット通販もされていて、万年筆インクや万年筆も購入することができます。

ただ、この「静岡茶」のインクはなかったのと、万年筆インク自体もすべてSOLD OUTとなっていました。

Amazonや楽天なども探してみたのですが、取り扱いはないようです。

静岡苺や静岡密柑などのインクもあって気になるのですが・・・残念です。

「文具館コバヤシ」の通販サイトはこちら → 文具館コバヤシ・コバブンネット通販

マツコの知らない世界で紹介されるオシャレな万年筆インク・香り付き万年筆インクは?

PEN’S ALLEY Takeuchi 桃色のため息

PEN'S ALLEY Takeuchi 桃色のため息

引用元:http://happyinkdays.hatenablog.com/

この「PEN’S ALLEY Takeuchi」の「桃色のため息」は、予告の万年筆インクとは蓋のデザインが違うのですがその他はそっくりです。

武田さんのブログでも紹介があったので、たぶんこのインクじゃないかと思われます。

瓶のデザインが香水を思わせる可愛い形ですよね。

こちらの万年筆インクは「PEN’S ALLEY Takeuchi」のオリジナルインクです。

映像と比べると少し色が違うようにも見えますが、この色赤ではなくてピンクなのだそうです。

「PEN’S ALLEY Takeuchi」の「桃色のため息」は下記より購入することができます。

「PEN’S ALLEY Takeuchi」の「桃色のため息」の購入はこちらから → Yahoo!ショッピング PEN’S ALLEY Takeuchi

追記 「マツコの知らない世界」で紹介されたのは、こちらの万年筆インクではありませんでした。

PILOT 色彩雫 月夜

PILOT 色彩雫 月夜

引用元:http://happyinkdays.hatenablog.com/

こちらも予告で確認できた万年筆インク「PILOT」の「色彩雫 月夜」です。

私こういう青の色、大好きなんです!!

この「色彩雫」には青系もいろいろな色があるようで、一度お店で試してみたいと思っています。

「PILOT」の「色彩雫 月夜」は下記より購入することができます。

追記 武田さんがこのインクでお礼状を書いたところ、オリジナルインクをプロデュースすることになったそうです!

ブングボックス 東京メトロ カラーインク

「ブングボックス」の「東京メトロ カラーインク」も番組で紹介されます。

本当に東京メトロです!

「ブングボックス」のオリジナルインクで、東京メトロのカラーそのままなんです!!

ブングボックス 東京メトロ カラーインク

引用元:https://bung-box.com/

「ブングボックス」の「東京メトロ カラーインク」は、「ブングボックス」のサイトより購入することができます。

「ブングボックス」の「東京メトロ カラーインク」の購入はこちらから → ブングボックス

※香り付きインクについては予告ではわからなかったため、番組で確認したいと思います。

武田健さん発案・プロデュースの万年筆インク「コトバノイロ」


「マツコの知らない世界」で紹介されるかはわからないのですが、武田さんが発案・プロデュースした万年筆インク「コトバノイロ」が、武田さんがコラムを担当しているPentより発売されています。

海外には「作家」をイメージしたインクがあるのになぜか日本にはない、ということからそういうインクをプロデュースすることを思いついたそうです!

色にこだわり、パッケージは「原稿用紙」をモチーフにして作られているという万年筆インク。

(恥ずかしくて大きな声で言えないのですが)子供の頃小説家を夢見ていた私には、憧れの小説家になった夢を見られるインクに思えました。

この「コトバノイロ」は下記より購入することができます。

追記 番組で紹介された武田さんプロデュースの万年筆インクはこちらのインクではありませんでした。

武田さんがプロデュースしたインクで紹介されたのは、「ブングボックス」の「ZODIAC」でした。

「ブングボックス」のインクの購入はこちら → ブングボックス

マツコの知らない世界で紹介された万年筆インク

ダイアミン フラミンゴピンク

追記 武田さんはこの「ダイアミン」の「フラミンゴピンク」で書いた日記をSNSで上げていたことで、インクのコラムの依頼があったそうです!

この「ダイアミン」の「フラミンゴピンク」は下記より購入することができます。

三田三昭堂 墨インク 檜

三田三昭堂 墨インク 檜

引用元:http://happyinkdays.hatenablog.com/

こちらは館林市にある「三田三昭堂」の「墨インク 檜」は、檜の香りがするそうです!

檜の香り大好きなので、かなり心が揺れています。

この「三田三昭堂」の「墨インク 檜」は下記より購入することができます。

エルバン 香り付きインク カカオブラウン

こちらはチョコレートの香りです。

字を書いている内にお腹が空いてしまいそうです。

児島デニム

この色も私の好きな色です!

ミキシングインク用 カリフォリオ インク

マツコさんがオリジナルインクを作った「カリフォリオ インク」です。

全部で36色もあり、分量などを調節して自分好みのインクを作れます。

通常濃度などが違い混ぜることは推奨されていない万年筆インクですが、このインクは濃度を同じにした「ミキシングインク」用のインクということです。

マツコさんは「ボン・エスペランス」「ブルゴーニュ」「アンドリノープル」の3色の組み合わせでインクを作っていました。

※下記は36色の内の1色です。

同じ日に紹介された「アスパラガス」については、次の記事で書いています。

マツコも感激!内山裕史が紹介のアスパラガスの通販の方法と料理のレシピは?

よろしければご覧ください。

まとめ

今回は「マツコの知らない世界」で武田健さんが紹介する万年筆インクと、その通販の方法について調べてみました。

あまりに綺麗なので、私も万年筆を使ってみようかな!?と思い始めています。

マツコさんは番組内でオリジナルインクを作るのですが、一体どんな色のインクを作るのかも楽しみです。

簡単に作れるなら、自分好みのカラーを作るのも楽しそうです。

放送を楽しみに待ちたいと思います!

1 Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です