千原せいじのプロフィール!出身中学・高校や学生時代のエピソードまとめ

お笑い芸人の千原せいじは千原ジュニアと実の兄弟であり、「残念な兄」としてファンの間で親しまれています。

ここのところピンでの活動が目立ちますが、コンビ「千原兄弟」としてデビューし、今では誰もが知るお笑い芸人の知名度を獲得しています。

交友関係の広さや海外を飛び周る破天荒さ、発言のガサツさが注目されることが多い千原せいじですが、そんな彼のこれまでの経歴や生い立ち、学生時代のエピソードは気になりますよね。

今回は千原せいじの経歴・プロフィールや出身中学、高校そして学生時代のエピソードなどをご紹介します!

スポンサーリンク

千原せいじの経歴・プロフィール

  •  本名 千原靖史(ちはらせいじ)
  •  相方 千原ジュニア
  •  生年月日 1970年1月25日
  • 出身 京都府福知山市
  • 血液型 O型
  • 身長 181㎝
  • 体重 75㎏
  • 所属 吉本興業

1989年に弟・千原ジュニアとコンビを結成し、お笑い界に進出しました。

本名である「千原靖史」は以前の芸名でもありましたが、2007年に現在の「千原せいじ」に改名しています。

千原ジュニアとは4歳差でありますが、千原せいじが吉本お笑い養成所であるNSCに誘ったため同期になり、他の同期NSC8期生にはFUJIWARAやバッファロー五郎、なだぎ武がいます。

現在コンビでの活動は「チハラトーク」がメインであり、ネタ披露をすることはありませんが、ネタの役割はせいじがツッコミ、ジュニアがボケを担当しています。

ベテラン芸人の域に達し、ネタを披露する機会は今後もあまりないかもしれませんが、過去の実績はすばらしく1994年に「ABCお笑い新人グランプリ」で優秀新人賞を獲得しています!

現在は東京を拠点に活動しており、引き続き活躍に注目していきたいと思います!

続いて千原せいじの学歴や学生時代についてご紹介します!

スポンサーリンク

千原せいじの出身中学や高校・学歴をご紹介!

出身小学校

京都府福知山市生まれの千原せいじは高校を卒業するまで福知山で過ごしたそうです。

出身小学校は福知山市内にある雀部小学校で千原ジュニアも同じ学校であり、近所の小学校であったと思われます。

また、代表的なコンビ活動である「チハラトーク」の100回突破記念は母校の小学校で開催されました。

ふたりの縁ある場所でのトークライブは素敵ですよね。

出身中学校

出身中学校に関してはインターネットで調べてみたのですが情報がありませんでした。

おそらく福知山市内の学校に通っていたと思われます。

出身高校

出身高校は福知山商業高校で私立の男子高校だったそうですが、現在は共学化され、学校名も変わっています。(現・福知山成美高等学校)

当時はかなり偏差値が低かったとの情報もあり、千原せいじは勉学にあまり力を入れていた学生生活を送っていたわけではなかったのかもしれないですね。

スポンサーリンク

千原せいじの学生時代驚愕エピソードとは!?

ガサツでデリカシーがないことで有名な千原せいじですが、それは学生時代から変わっていないそうです。

弟・千原ジュニアがレギュラー出演する「すべらない話」や「チハラトーク」で千原せいじの残念な兄エピソードを披露していますが、今回は高校時代の驚愕エピソードをご紹介します!

  • 毎年開かれる10キロマラソンで、千原せいじはスタート直後に脇道に逸れ、親戚のお姉ちゃんの車でゴール付近まで送ってもらい10キロを5分で切るという不正で停学処分。
  •  カンニングがバレて停学処分。
  •  学校の中心メンバーであり、女子からモテたため3股していた。

千原ジュニアの証言によりますと、実は千原せいじは高校時代に8回も停学処分になっており、アホであるがゆえに不正がすぐにばれるんだとか。

どれもせいじらしいアホすぎるエピソードですよね。

その他にも千原ジュニアからの証言は数え切れないほどあり、どれも爆笑エピソードです!

現在月額動画配信サービス「Amazonプライム」でいくつかのチハラトークが視聴可能になっています。

アホすぎる千原せいじエピソードだけでなく、ふたりのハイセンスな掛け合いもご覧いただけます!

\Amazonプライムを観るならこちら!/
↓   ↓   ↓

みなさんもぜひチェックしてみてください!

千原せいじの経歴・プロフィールや学生時代のまとめ

今回は千原せいじの経歴・プロフィールや出身学校や学生時代のエピソードをご紹介しました。

高校時代のエピソードはさすが千原せいじといった驚愕ぶりでしたよね。

何年経っても変わらない破天荒さで話題を提供してくれる千原せいじと、それをおもしろおかしくトークにする千原ジュニアはナイスコンビだとつくづく思います。

これからも千原せいじのガサツさや持ち前のポジティブさで笑いを届けて欲しいですね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です