中山咲月(中学聖日記)の経歴は?イケメン女子は生き方もクール!

「中学聖日記」放送前日になって、中山咲月さんが出演されることがわかりました。

中山咲月さんといえば、ジェンダーレスとして話題となっていて、ファンからは「王子」と呼ばれるほどのイケメン女子ですね。

気になって調べてみると、生き方そのものもかっこよくて、やっぱりかっこいい人は見た目だけじゃないだな、と納得してしまいました。

今回は中山咲月さんの経歴と、そのかっこいい生き方について調べてみました。

スポンサーリンク

中山咲月さんはどんな人?

ほんと、イケメンすぎますよね。

この角度の中山さんは、ちょっとモデルのりょうさんを思い出させます。

よく見ると違うのですが、ミステリアスな雰囲気がよく似ているように思えます。

その中山さんは、どんな方なのでしょうか?

プロフィール

  • 名前     中山 咲月(なかやま さつき)
  • 生年月日   1998年9月17日
  • 出身     東京都
  • 血液型    O型
  • 身長     168cm
  • 長所     強い
  • 短所     めんどくさがり、短気、飽き性
  • 趣味     美術、写真をとること
  • 特技     ダンス
  • 好きな食べ物 キムチチャーハン、納豆、大豆、豚骨ラーメン、つけ麺、酸っぱくない辛い物
  • 所属     テンカラット プリューム

中山さんは2011年ティーン誌「ピチレモン」のオーディションでグランプリを獲得し、専属モデルとしてデビュー、2015年4月号で「ピチレモン」を卒業、現在は「テンカラット」のモデル事業部「プリューム」に所属しています。

17歳の時にジェンダーレスとして生きていくことを公表したとのことですが、当時はジェンダーレスという言葉もあまり知られていない頃で、中山さんもだいぶ後からジェンダーレスのことを知ったようです。

中山さんとしては、ありのままの自分で生きていく、という宣言だったのでしょう。

ジェンダーレスとは男女の区別がないこと、ですが、今だからこそいろいろな人たちを受け入れる体制もできつつありますが、その当時を考えたらかなり勇気のある行動だったのではないかと思います。

でも中山さんは自分にとっては普通で、人と違うということは素敵なことだと思っています。

私が実にかっこいいな、と思う部分でもあります。

中山さんは11月9日(金)渋谷先行公開、11月16日(金)に全国で公開される映画「ヌヌ子の聖★戦」で、人気バンド「オリオン」リーダーの久保昭久役で出演されます。

完全に「男」役ですね。

舞台「春過ぎて、アルタイ」でも歌ったそうですが、「ヌヌ子の聖★戦」でもその歌声が披露されるので、ファンにとっては必見の映画です。

そして今回ドラマ初出演となる「中学聖日記」では、バーテンダーの青山更紗役を演じます。

吉田羊さん演じるバイセクシャルの原口律と妖しい関係とか・・・

第1話から登場するので、もう1話も見逃せません!!

スポンサーリンク

イケメン女子の中山咲月さんは生き方もクールでイケメン!!

View this post on Instagram

ALL BLAKICHY #ヌヌ子の聖戦 #ガルアワ

A post shared by 中山咲月 (@nakayama_satsuki) on

私が中山さんをかっこいいと思うのは、見た目だけではありません。

生き方、考え方がかっこよすぎるのです。

中山さんが自身のブログでファンからの問い合わせに答えている内容から、私がかっこいいと思うところを上げてみました。

  • 周りと違うことは怖くない。むしろ私の個性。単に他人に興味がないから周りの目や評価が気にならない。
  • 恋愛とか結婚は今は考えていない。誰かに縛られるのが嫌い
  • 自分が人類史上1番嫌い。敵は自分。でも変えようと思わない、私は自分を嫌う事によって前向いて成長してきたから。自分の事好きになったら心の成長止まる。
  • 私が目指してるのは「内面から出るカッコよさ」。見た目が微妙でも「雰囲気カッコいい」とか。

本当に自分に正直で、ありのままの自分で生きることが最も大切だ、と思っていることがよくわかります。

周りの顔色を伺いながら生きている人が大半で、周りに合わせるために自分の個性を殺して生きている人も多い中、他人に興味がないから気にならない、と言い切れてしまうのは、自分の長所を「強い」という中山さんだからこそだな、と思います。

友人のこともあまり気にならないのだとか。

束縛されるようなことは絶対に嫌なようなので、いい距離を保てる干渉しない大人な人が友達なのでしょう。

自分が最も嫌いなのに、そう思うことで前を向いて成長してきた、というところも、強くてかっこいいです。

中山さんが目指している「内面から出るカッコよさ」には、私も同意見です。

娘からかっこいい母といつも思われる存在になりたいと思っていますが、それには絶対的に「強さ」が必要で、弱い自分だからこそ強くそしてかっこよくなりたいのです。

そういう風に考えても、やっぱり中山さんは外見も中身も生き方も「かっこいい」人なのです。

最後に

View this post on Instagram

Dハロ芸人 仮装タイプ zootopia-nickwilde

A post shared by 中山咲月 (@nakayama_satsuki) on

今回はジェンダーレス女子の中山咲月さんの経歴と、その生き方について調べてみました。

これほどかっこよくクールな中山さんですが、ディズニーが大好きなんですよね。

コスプレとかもよくされているようです。

どんな自分も自分として受け入れ、ありのままに生きていく。

誰もができることじゃないけど、それを貫いている姿は憧れるし、かっこいいです。

「中学聖日記」のバーテンダー役、絶対かっこいいに決まっていますが、中山さんがどんな演技をするのかもかなり気になります。

本当に「中学聖日記」は様々な見どころが満載なドラマです。

毎週22時にはテレビの前を陣取って、誰にも邪魔されない状態で観ようと思います。

「中学聖日記」に出演する有村架純さんと岡田健史くん、衝撃の第1話についても書いていますので、よろしければ覗いてみてください。

有村架純の経歴や彼氏は?中学聖日記の女教師聖役をどう演じる?
岡田健史の経歴は?イケメン野球少年が中学聖日記の晶役に大抜擢された理由を調査!
「中学聖日記」晶役の岡田健史にもうどうしていいかわからない!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です