松島美紗女性初の戦闘機パイロット誕生!経歴と憧れたトップガンの世界

新田原基地第5航空団配属の松島美紗さんが戦闘機操縦課程を終了し、8月24日、女性初の戦闘機パイロットが誕生します!!

女性が戦闘機のパイロットになれるなんて夢にも思わなかった私は、驚きのあまり声を上げてしまいました。

今回は女性初のパイロット松島美紗さんの経歴と、なぜ松島さんが戦闘機パイロットを目指したのか、調べてみました。

スポンサーリンク

松島美紗さんはどんな人?

プロフィール

  • 名前 松島 美紗(まつしま みさ)
  • 年齢 26歳
  • 出身 神奈川県横浜市
  • 学歴 防衛大学校卒業
  • 職業 航空自衛官
  • 等級 2等空尉
  • 配属 新田原(にゅうたばる)基地第5航空団

未だに男社会と言われる自衛官に女性がなるには、どれだけ苦労されただろうか、とつい思ってしまいます。

ほんの数日前、娘が元女性自衛官のTwitterを見せてくれたばかりで、そこにはセクハラ行為や容赦のないいじめに近い行為などが挙げられていて、もし娘が自衛官になりたいとちらっとでも言ったら、大反対するだろうな、と思っていたところでした。

それは本当にごく一部の話かもしれませんが、そんな話を聞いてしまえばどうしてもそのイメージが付きまとってしまいます。

松島さんはトップガンに憧れて空自の世界に飛び込んだということですが、当時は戦闘機を女性が操縦するなんて考えられない世界で、輸送機操縦の過程に進もうとされていたそうです。

2015年11月に女性にも戦闘機パイロットへの道が開けたことを知った松島さんは、どれほど嬉しかったでしょうか。

159センチという小柄な方ですが、F-15戦闘機と映る松島さんはとても大きく見えました。

スポンサーリンク

憧れたトップガンの世界

F-15に乗っている松島さんは、本当にカッコいいですね。

可能であれば1度位は操縦してみたいと思います。

これまで女性が戦闘機のパイロットになれなかったのは、ただ女性だからというわけではなく、最大でも9倍の重力のかかる戦闘機の操縦は負担が大きすぎるという理由からでした。

9倍の重力って、ちょっと簡単には想像できませんが、多分立っていることもできず、地面に這いつくばって重しを乗せられているような状態じゃないかな、と思います。

男性と全く同じ教育を受けたという松島さんですが、それに耐えうるだけの体を作り上げたことも、ただただ尊敬です。

その松島さんが戦闘機パイロットを目指すきっかけになったのは、映画「トップガン」だったそうです。

「トップガン」は、「ミッション:インポッシブル」主演のトム・クルーズさんが主演をされている、名作中の名作ですよね。

私も何回も観ています。

トップガン スペシャル・コレクターズ・エディション[AmazonDVDコレクション] [Blu-ray]

トップガンでは、トム・クルーズさん演じるマーベリックが、戦闘機に同乗していた親友を亡くしてしまう、悲しい事故が起こりました。

戦闘機に乗ることができなくなったマーベリックは、1度はパイロットを辞めることを決意しますが、そこから立ち直って仲間を助けるために飛ぶところは、いつ観ても感動します。

トップガンを観ると、パイロットに憧れる気持ち、よくわかります。

でも、やっぱり女だから・・・とどこかで自分の限界を自分で決めてしまっているところがありました。

だからこそ、まだ女性が戦闘機パイロットになれない時期であっても、その気持ちを持ち続けて進んで行くことができた松島さんはすごいと思うし、女性の活躍の場をまた新たに広げた1人だと思います。

同じことはできなくても、私は私のまま、自分のできることを精一杯やっていけばいつか道が開けるということを、身を持って証明してくれたのが、松島さんなのだと思います。

最後に

今回は女性初の戦闘機パイロットとなる松島美紗さんについて、プロフィールとパイロットに憧れたきっかけについて調べてみました。

松島さんがカッコいいのは女性初のパイロットだからではなく、今まで自分の思いを貫いてどんな苦難も乗り越えて、夢を叶えた姿だと思います。

私はちょっと年を取ってしまいましたが、それでも諦めなければ願いは叶えられると信じて前向きに生きていきたいと思いました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です