乳がん手術後の再建は手術以外にもある!新しい再建の方法とは?

アラガン社のシリコンインプラントがリコールになったことで、乳房再建手術は自家組織(自分の体の一部を使用する)での再建しか保険適用されるものがなくなりました。

9月にスムーズタイプが再販される予定ですが、この状況でスムーズタイプを使用するのも私としては怖いという思いがあります。

私は手術当日にフランスでシリコンの使用制限が決定したことを知り、再建手術は取りやめエキスパンダーを除去していました。

その事を書いている記事に寄せられた読者の方のコメントを読んで、今どれだけの人が思い悩んでいるかと思うと胸が痛みます。

今はもう乳房再建を諦めるしかない。

そう思っていた時、私は再建手術以外での乳房再建を知ることができました。

このことを少しでも多くの人に知ってもらいたいと思い、今回、再建手術以外の乳房再建について書くことにしました。

スポンサーリンク

乳がん全摘手術後の再建手術を諦めた私が別の再建方法を知ったきっかけ

アラガン社のシリコンインプラントが7月24日にリコールになったことが発表されてから1週間と少し経った頃、私は新しい再建方法を知ることになりました。

それは私の記事を読んでくれた方からの、1通のメールがきっかけでした。

株式会社BRALABO(ブララボ)の西沢さんからの届いた1通のメール

株式会社BRALABO(ブララボ)代表取締役の西沢さんからメールをいただいたのは、8月2日のことです。

そのメールには、ご自身が乳がんの罹患者であり、アラガン社のリコールを知って思い悩んでいる方たちのことは決して他人事ではない、と書かれていました。

別の再建方法があることを少しでも多くの方に知っていただきたいという熱意に溢れているのに、でも自分がまるっこさんのブログのコメント欄で発言することは宣伝や営業になってしまう、と控えられてメールでご連絡いただいたそうです。

もし本当に手術をしなくても再建できる方法があるのであれば、一刻も早く皆さんにお伝えしなければいけない。

とはいえそれが本当に良いものだと私が思わなければ、人に伝えることはできないと思いました。

1番は自分が試してみればいいのですが、今この瞬間にも手術を控えて不安になっている人、途方に暮れている人がいることを知りながら、自分が納得できるまでの日数をかけることはできません。

私はBRALABOのサイトをできる限りの時間をかけて読み込みました。

実際に使用している人が、その感謝の思いからご自身の写真を送ってくださっているということも知り、この再建方法はこれから必ず必要とされるものだと確信しました。

そして西沢さんの強い思いに触れ、今回この記事を書くことに決めました。

下着のプロが自分の知見・体験から作り上げた新しい再建の方法

まず私は株式会社BRALABO代表取締役の西沢桂子さんがどんな方なのか、知らなければいけないと思いました。

ご自身がどんな思いで新しい再建方法を生み出したのか、その再建方法が乳がんで胸を失った女性に本当に最適なものなのか、きちんと知るには西沢さんを知る必要があると思ったからです。
 
西沢さんは20代〜40代までファッションスタイリスト、雑誌・カタログの編集者をされていました。

その中でファッションとブラジャーの関係を研究することがライフワークとなっていき、42歳の時、上場企業にハンティングされ下着カタログの編集長となっています。

商品開発に携わったことで、製品やものつくりの専門知識を身に付けたそうです。

48歳の時、検診で乳がんが見つかります。

体へのダメージが少ない内視鏡での手術を選び、内視鏡手術ができる医師を調べ、そのすべての医師から診察を受け主治医を選んだといいます。

手術は当初温存手術でしたが、病理検査の結果断端陽性が判明し、全摘手術を受けられています。

西沢さんは手術での心のダメージが大きく、新潟の実家に帰郷し、東京へは治療のために通う状態になってしまいました。

私も同じく温存手術後に全摘手術となっているので、その時のダメージがどれほど大きかったかと思うと、当時を思い出して切なくなります。

そんな失意の中、下着を工夫して装うことで奮い立ち、強くなっていっていることに気付いた西沢さん。

装うことで女性が癒やされたり安心したり自身を持ったりする、そんなブラジャーを開発する会社を起こすことを決めます。

そこからの西沢さんの行動はパワフルでした。

某下着メーカーの本社まで赴きフィッティングしてもらい、アラガン・ジャパンへも取材に行っています。

人工乳房の2dayスクールに行き、ご自身でも作ってみたそうです。

でも

  • 変わらぬ姿で変わらぬ生活を送れる
  • ファッションが自由に自信を持って楽しめる
  • 買ったからには毎日使えてメリットだらけ

という西沢さんの望む仕組みと規格がなく、その理由として、これらには、

  • ファッション
  • スタイル
  • ブラジャーとバストメイク

の知見がないことを知り、自分の知見からなら開発できると確信します。

まずはバストラインの補正ケアができるブラジャーを完成させ、2013年9月にBRALABOを設立し、「西沢式フィッティングブラジャー」の販売を開始

その後乳がんの方などから相談があり、新しい再建方法が生み出されました。

わたしがやるべき真心の具現化とは、「ファッションと下着の専門知識や技術を駆使して役に立つこと」「私の物づくりで確実に願いを叶える。悩みを解決すること」だと思いました。そうして、乳がん体験者向けにブラジャーとセットでお使いいただくシリコンパッドを開発し、「乳がんアピアランスケアパッケージ」として提供することになりました。

現在西沢さんは下着のプロダクトデザイナーや専門学校のランジェリーデザイン科の講師も務め、女性が健やかに美しくあるために、研究する毎日を送っています。

スポンサーリンク

再建手術をしない再建の方法とは?

乳房の再建というと、どうしても手術することが前提でした。
少なからず私はそう思っていました。

でも西沢さんが提案している再建の方法は、手術の必要がないのです。

それは一体どんな方法なのか、見ていきたいと思います。

手術をしない新しい再建の形

アラガン社のシリコンインプラントが使えないと思った時、私はもう再建はできないと諦めました。

これ以上手術をすることも嫌だったし、保険適用となるシリコンが出てくる頃には、私はもうお婆ちゃんになっているだろうと思ったからです。

でもきちんと調べれば、再建の方法は他にもあったんです。

それは人工乳房(エピテーゼ)です。

エピテーゼとは身体の欠損部を補う医療用の人工物の総称で、人工乳房の場合、粘着剤を使って肌に貼り付けて使用します。

シリコン製の上、オーダーメイドで自分の胸に合わせて作ってくれるので、一見良さそうにも思います。

でも粘着剤を使うのは肌を痛めそうだしとてもめんどうに感じて、私としては正直使いたくないと思いました。

BRALABOの新しい再建の方法とは、この人工乳房とは違い、オーダーメイドのシリコンパッドを肌の上に乗せ、ブラジャーで支えて包み込むものです。

それであれば再建というよりブラジャーにパッドを付けたものなのではないか、と思うかもしれません。

では、なぜ再建なのか、その特徴をまとめました。

新しい乳房再建「乳がんアピアランスケアパッケージ」の特徴

  • バストアップ型
  • ブラジャーとシリコンパッドをセットで作製

まず「乳がんアピアランスケアパッケージ」の大きな特徴として挙げられるのは、「バストアップ型」であることです。

シリコンインプラント,人工乳房,BRALABOシリコンパッド

再建手術で使用するシリコンインプラント・人工乳房は、どちらも裸の時の左右対称を目指しているため、下垂型になっています。

9月より販売再開となるスムーズタイプのインプラントは、ラウンド型となっていて女性の胸というにはあまりにも不自然です。

スムーズタイプ,シリコンインプラント

下垂型はそれが自然な形なのだから、と私は良いものだと思っていました。

でもそもそも再建手術って何のためにするのでしょうか?

もちろん裸の時に胸がないことは、いつまで経ってもショックな事に変わりありません。

だからそのショックを少しでも和らげるために、再建手術を選択するということもあると思います。

私にもその思いはありましたが、好きな服も着られなくなったり、人の目が気になって外に出られなくなることで、幸せに生きていくことができなくなるのは嫌だと強く思っていました。

実際胸がなくなったことで、娘が選んでくれたお気に入りのニットは着られなくなり、胸が目立たない服を買い足して、本当に着たい服を着ることができていません。

「乳がんアピアランスケアパッケージ」がなぜ「バストアップ型」なのかというと、ブラジャーをして洋服を着た、日常生活のQOL(クオリティ・オブ・ライフ)にフォーカスしているからです。

女性はほとんどの方がブラジャーをして服を着ます。

そして胸をきれいに見せたい場合、ワイヤーブラジャーを使用します。

ワイヤーブラジャーを使う場合、シリコンインプラントを入れている胸や人工乳房はブラジャーに入らないそうです。

シリコンインプラントや人工乳房は人の胸とは違い、固くて動かないためです。

その問題を解決し、一番美しく、活動しやすい状態に保つことができるのがこの「バストアップ型」なのです。

また、シリコンパッドとセットで作製する「西沢式フィッティングブラジャー」にも理由があります。

現在大手下着メーカーや乳がん専用ブランド、医療補正具ショップが扱っているパッドはドイツ製でドイツ人をベースに作られているため、日本人には合いません。

そのため日本製のブラジャーに合わせて使っても、ズレたり飛び出してしまうのです。

見た目でもこのように大きな違いがあります。

左:ドイツ製パッドと日本メーカーのノンワイヤーブラの組み合わせ
右:BRALABOのシリコンパッドとブラジャーのセットアップ

「西沢式フィッティングブラジャー」を付けて、整えた状態の胸に合わせたシリコンパッドを作製することで、本当に望んでいる乳房再建を実現できるのです。

これはただのブラジャーとパッドの役割を超え、再建と言っていいと私は思っています。

乳房再建「乳がんアピアランスケアパッケージ」を選んだ方の声

実際に使用されている方の声をまとめました。

実際着けて見ると
楽~。なんの文句もありません。
洋服が自由に選べて自信を持って着られて嬉しい。

そして限りある人生を、自分を好きな自分で生きて行きたいと思った。そのためには手術した胸を毎日気にするのはやめたかった。気にならなくなりたかった。これがわたし!と思えるようになりたかった。

(身体についていないことについて何か思うことは?)
何もないです。喪失感は意外と大丈夫でした。でもそれは日常的にブララボを着けているからです。

わたしは家族以外は誰にも病気のことを言っていません。なので胸の形に違和感を感じ取られて、おや?どうしたの?と思わせてしまったら申し訳ないなと思っています。でもおや?どころか、ママ友にこの前、「凄くバストラインきれい!いいな!」って言われました^_^

とてもいい感じです。きちんとフィットして動く心配もなく問題なく着用し続けています。汗による肌のトラブルもありません。パッドはもちろんですが、ブラジャーが着けている感がなく、着けている方が楽で感激です。教えていただいた通りシリコンパッドの水洗い、ブラのお洗濯も簡単で、手間もなく使いやすいです。朝の装着はほんの数秒。長時間使ってもまったく疲れも痛みもなかったので、いつも安心して着用しています。もう自分の身体と感じるほどに定着しています。

市販のブラジャーとパッドを工夫して組合せてきましたが、脇の下の窪みがわかり、悲しく思っていました。また市販のブラではバストアップができず、スタイル全体に自信がなくなり、気を使わなくなってきていました。バストアップ型とオーダーメイドに惹かれて決めましたが、思い通りに!窪みが自分でもわからない!と思うほどにカバーできていて本当に嬉しかったです。自然に背筋の伸びる姿勢が良くなるような着け心地で、スタイルが良くなった気がしています。お洒落が楽しくなり、今はいろいろなファッションを楽しむようになりました。主人にもカッコいいと褒められています。

ゴルフが趣味なのですが、手術後は身体のバランスがとれなくなっていく人もいると聞いて、早目になんとかしたいと思っていました。ブラジャーとセットでつくるシリコンパッド。シリコンで重みも再現できるということにピン!ときてオーダーしました。ぴたっとしたゴルフウエアのポロシャツやセーターも決まって、今までと同じように主人やお友達とゴルフを楽しめています。もちろんゴルフの時だけでなく、毎日着用しています。

主治医からは、同時再建手術を勧められ再建手術はするものだとばかり思っていましたが、術前抗がん剤によって、手術まで猶予があったため、再建手術についての情報を集めました。患者会の開催する乳房再建セミナーに参加し、再建手術をされた方の胸を見せてもらったり情報を集めるにつれ、手術で思い通りになれるのかと疑問がわきました。左右対称の実現性とメンテナンスの簡単さ、毎日使えることなど、わたしが再建に求めることが揃っていると感じアピアランスケアパッケージを選択しました。使ってみて全てのパフォーマンスに満足しています。

寛解宣言と同時に再建手術を医師に勧められました。無治療となった喜びから、そろそろ考えたいと思っていましたが、「手術」は嫌でした。でも市販のブラジャーやパッドでの補正も試しつくして限界を感じていました。お洒落がしたいので、左右対称性にこだわりがあったからです。インターネットでブララボを見つけて、こんに自然にきれいに左右対称になる方法がなんて、目からウロコでした。アピアランスケアパッケージは「そうそうここにバストはあったんだ!」と手術前の自分に戻れたような気持ちなれます。

BRALABOは2015年に「乳がんアピアランスケアパッケージ」を販売開始してから、なんと1つの肌トラブルなどの問題もクレームも起きていないそうです!

皆さんが想像以上に満足されていることが、この声を聞くだけでも伝わってきます。

私も聞いて驚いたのですが、BRALABOではオファーをいただいて情報を掲載することはあっても、積極的に宣伝していないそうです。

「再建手術に代わる新しい再建方法」を探している方がBRALABOにたどり着いて、この再建を選択されています。

時間をかけて必死に探した人に、これだけの満足感を与えられる再建方法。

するかしないかは別として、再建を考えられている方は1度ご相談された方がいいことは間違いありません!

スポンサーリンク

乳房再建「乳がんアピアランスケアパッケージ」の詳細

乳房再建「乳がんアピアランスケアパッケージ」は、「西沢式フィッティングブラジャー」を着けた状態の健側の胸と対照になるよう、シリコンパッドを作製します。

その具体的な流れについてご説明します。

「乳がんアピアランスケアパッケージ」の受け取りまでの流れ

  • 1回目 カウンセリングフィッティング
  • 2回目 型取りと模型調整
  • 3回目 「乳がんアピアランスケアパッケージ」の受け取り

1回目のカウンセリングフィッティングでは、カウンセリングと説明の後、「西沢式フィッティングブラジャー」のフィッティングを行います。

健側の胸にワイヤーカーブとカップ容量を合わせてサイズを選択。

手術の傷の場所や窪み、体格を考慮しながらサイズを決定し、サンプルのシリコンパッドを試着します。

サイズ感や着け心地などを確認しながら、必要な場合は調整オーダーもあります。

サイズが決定したところでレースの色を選択する、という流れです。

所要時間は1時間30分ほどの予定です。

 

2回目の型取りと模型調整では、1時間で型取りを行い、2時間ほどで仮模型を作成します。

石膏型
シリコンパッド

この2時間は外出して待つようになりますので、BRALABOのサロンのある青山の街を散策するのもいいですよね。

ご希望があれば、1人でもゆっくりくつろげる空間と美味しいお手頃ランチのビストロや、カフェをご案内してくれるそうです!

※この日は上半身が脱げるような服装でご来店下さい。

 

3回目の「乳がんアピアランスケアパッケージ」の受け取りまでには2回目の型取りから45日後になります。

乳がんアピアランスケアパッケージ

乳がんアピアランスケアパッケージ

再度フィッティング指導と取り扱い方法の説明を受け、「乳がんアピアランスケアパッケージ」を受け取ります。

オーダーメイドのため時間はかかりますが、受け取る時はきっとどんな高価なプレゼントよりも嬉しいだろうと思っています!

BRALABOのサロンは東京都港区南青山にあるので、サロンまで行くのが難しい方も多いかと思います。

ご購入が決定している場合は、出張で①のフィッティングと②の型取り&模型調整を1日で行うサービスもあります(交通費は自己負担となります)。

日本中の女性を思う西沢さんの気持ちは、このサービスからもうかがえますよね。

「乳がんアピアランスケアパッケージ」のお申し込み・お問い合わせ方法

「乳がんアピアランスケアパッケージ」のお申し込みやお問い合わせはインターネットから行うことができます。

また西沢さんのご厚意により、このサイト「まるっこのまるっとブログ」を見てご連絡いただいた方に、特典をご用意していただきました!

特典

  1. 使用者に直接感想を聞けるお茶会に無料招待
  2. ご家族と一緒に聞く個別説明会に無料招待
  3. 出張フィッティング無料受付(東京都内以外は旅費は別途いただきますことをご了承ください)
  4. 成約プレゼント・次回ブラジャーリピートに使える2,000円offチケット

*併用不可

まず①は現在「乳がんアピアランスケアパッケージ」を使用されている方から直接お話を伺うことのできるお茶会です。

使用されている方からお話を伺った方が、「乳がんアピアランスケアパッケージ」の使用感や使うようになってからのことがわかりますよね。

通常参加費が必要ですが、無料で参加することができます。

 

そして②は西沢さんが今回初めて企画したという家族で参加する説明会

勉強会形式でレジュメがあり、他の再建方法についても質問できるそうです。

家族だけでなく友達も参加することができ、時間は2時間、それ以上でもご対応いただけます。

ストアカでは6,000円で募集していて、ご購入となった場合に料金より値引きして返却されるシステムですが、それが購入に至らなくても無料というのですから、きちんと「乳がんアピアランスケアパッケージ」を知って決めたいと思う方には嬉しい企画です。

西沢さんは今までに、筆談が必要な方、車椅子の方にも対応してきているそうです。

またお客様のご主人から「BRALABOに出会ってから奥さんの笑顔が増えました。ありがとう」と言われたことに感激されたと言います。

  • ご本人がお1人では不便と感じる方のご家族にも利用して欲しい
  • BRALABOの再建をご主人から奥様にプレゼントに選択して欲しい

などの思いからこの企画が生まれているそうです。

 

③の出張フィッティングは、通常は購入が決定した方が受けられるサービスです。

今回の特典は「見てみたい」「触ってみたい」「それから考える」という方へ向けた、出張サービスになっています。

東京都内以外は交通費の負担が必要ですが、何名かで一緒にサービスを受ければ交通費をその人数分で割ることもできますので、周りに同じように悩んでいる方がいらっしゃるならぜひお声がけください。

※2020年2月末日までの期間限定で、カウンセリング・フィッティングの上その日にオーダーに至った場合、5万円までを上限にBRALABOが交通費を負担してくれるそうです!

これは現在期間限定でBRALABOで行っている特典になりますが、BRALABOでの再建を望む方がサロンとの距離が理由で諦めて欲しくない、という西沢さんの思いから、利益を全く考えずに行っています。

サロンへ行った場合もオーダーに至った場合は規定内での交通費を負担してくれるので、このサービスを利用される場合はぜひ一度ご相談してみてください。

 

④は「乳がんアピアランスケアパッケージ」を申し込まれた場合、次回ブラジャーを購入する時に使える2,000円offチケットです。

どの特典も西沢さんの思いがこもった特典ですので、再建に悩まれている方はぜひこの特典をご利用ください!

「乳がんアピアランスケアパッケージ」の詳細はこちらから → BRALABO

お問い合わせ・予約はこちらから → BRALABO お問い合わせ・ご予約

※お問い合わせ・予約フォームの「お問い合わせ内容の欄」に、下記のようにご入力下さい!BRALABOさんからご連絡がきます。

まるっこのブログ読者です。
特典○番を希望

  • 社名       株式会社BRALABO(ブララボ)
  • 代表取締役    西沢 桂子(にしざわ けいこ)
  • オフィス&サロン 東京都港区南青山6-1-6 パレス青山308
             表参道駅A5出口から5分
             根津美術館前
  • 営業時間     10:00〜18:00(不定休)
  • TEL       090-4931-1472
  • E-MAIL      INFO@BRALABO.COM

スポンサーリンク



新しい乳房再建方法についてのまとめ

今回は乳房の新しい再建方法についてまとめました。

アラガン社のシリコンインプランがリコールになったことで、再建手術を控えている方、既に再建手術を終えられている方など、多くの方が不安を抱えている状況だと思います。

私にもコメントをくださる方がいらっしゃって、皆さんが今どんな気持ちで毎日を送っているか考えると、いたたまれない気持ちです。

今回BRALABOの西沢さんからお話を伺い、私にもできることがあると知り、この記事を書かせていただきました。

少しでも多くの方がこの再建方法を知ることで、自分の未来への選択肢はまだある、という希望になれば幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です