マツコも驚く!内田早苗が絵本はしつけに効かないと語る理由は!?

絵本,男の子

2019年1月22日放送の「マツコの知らない世界」では、絵本講師の内田早苗さんが「読み聞かせ絵本の世界」を紹介します。

番組の予告を見ると、内田さんは絵本に教育を求めてはいけない、と言っていて、え!?と耳を疑いました。

今回は「マツコの知らない世界」に出演する絵本講師・内田早苗さんの経歴や、絵本がしつけに効かないという理由や紹介される絵本について調べてみました。

スポンサーリンク

絵本講師・内田早苗さんのプロフィール


絵本講師は、2004年からNPO法人「絵本で子育て」センターが、子育てに役立つ読み聞かせを具体的に身につけ、社会に還元する人材をつくるために推進している事業です。

内田さんは30歳で第1子を出産したけれど、昔から子供が苦手で、どうしたらいい子育てができるのか悩んでいたそうです。

旦那さんは転勤族で周りに頼れる人もいないワンオペ状態。

そんな中で「絵本講師」という存在を知ったそうです。

お子さんの幼稚園入園を機に1年かけて絵本に関する専門知識を学び、絵本講師の資格を取得しました。

子供に毎日絵本の読み聞かせをする、という子育てをしていなかった私は、読み聞かせと聞くと胸が痛むのですが、1人で子育てするのも大変なのに絵本講師を志すなんて強い人だな、と感じました。

絵本講座を開催したり、自宅で絵本の子育て教室「きいろいおうち」を開いている内田さん、2017年頃離婚されてシングルマザーとなってからは、不動産会社の会社員としてフルタイムで働いています。

そんな大忙しの内田さんですが、なんと彼氏がいるそうです。

同世代のシングルマザーの私から見たら、カッコいい〜!!と思っちゃいます。

内田さんは手術で数日入院されていたこともあるそうですが、その時は彼氏がお子さんのまさとくんの面倒を見てくれたとか。

良い方に出会えてよかった、としみじみ思ってしまいました。

スポンサーリンク

絵本講師・内田早苗さんが開く子育て教室「きいろいおうち」とは?

自分と同じように子育てに悩んでいる母親の助けになりたいと、内田さんは2011年に神奈川県平塚市へ引っ越してから、自宅で絵本の子育て教室「きいろいおうち」を始めます。

ご自身で厳選して購入した約1,500冊の絵本があるというのですから、絵本への思い入れが伝わってくるようです。

特に予約等必要なく、時間内であればいつでも出入りOKという気軽さで行けるという教室は、子育てに悩むお母さんがいつでも立ち寄れる温かさに包まれています。

以前のご主人との約束で、息子さんが高校を卒業するまでしか今のご自宅に住めないことから、あと5年ほどで今のご自宅での「きいろいおうち」は終了になるそうです。

なんだか寂しいですが、きっと内田さんは引っ越した先でも新しい「きいろいおうち」を開催するのではないかと思います。

「きいろいおうち」は月2回の開催なので、行かれる前に内田さんのブログでスケジュールを確認してからお出かけください。

スポンサーリンク

絵本はしつけに効かないというのはどうして?

「きいろいおうち」を開催する内田さんのもとへは「しつけや勉強になる本を教えてほしい」、と訪ねてくる親子が毎回いらっしゃるそうです。

内田さんは「絵本に役割を求めるのではなく、まずは子供とのふれあいの時間にしてみては」、とそのお母さんに提案すると言います。

内田さんが勧めるのは「待ち読み」で、子供の反応をじっと待ってあげることが大切なのだそうです。

読み聞かせは他のことをしながら片手間にできることではない。

その時間だけでも子供のことに集中するという積み重ねが、愛情を育んでくれる。

絵本は親子をつなぐツールであって、そこに教育やしつけはないのだということを内田さんは言いたいのだと私は思いました。

私も今だからこそ、子供と一緒にいる時間を大切にするだけでよかった、と思っています。

でももしあの時この言葉が聞けていたら、私ももっと子供に愛情を注ぐことができたのではないか、と考えさせられました。

マツコの知らない世界で紹介される絵本は?

「マツコの知らない世界」で内田さんが紹介する絵本、どんな絵本なのか気になりますよね。

娘はもう高校生なので読むかわかりませんが、もし「これ!!」と思う絵本があれば、ぜひ保育園の甥っ子に読んであげたいと思っています。

予告の中で紹介されている絵本を、ご紹介したいと思います。

ごぶごぶ ごぼごぼ


この絵本は0〜2歳児向けで、この「ごぶごぶ」や「ごぼごぼ」「ぷくぷくぷく」などの不思議な音を聞くと、大人しい赤ちゃんでも大喜びするそうです。

その理由を内田さんが番組で説明してくれるようです。

この絵本にはどんな秘密が隠されているのか!?気になります!!

しろくまちゃんのほっとけーき


こちらの絵本も紹介されていました。

ここで描かれているホットケーキは、本当においしそうなのだそうです。

ホットケーキができるまでを音で表現していくというこの絵本、きっとお子さんは喜ぶでしょうね!!

マツコの知らない世界で紹介された絵本

くだもの


「さあ、どうぞ。」というと、子供は手を伸ばして触るそうです。

これは のみの ぴこ


読み終わると、あるフレーズをみんな覚えて暗唱できるようになっているそうですよ!

オニのサラリーマン


今話題の絵本だそうです!

サラリーマンの哀愁が漂っていて、マツコさんも「これ子供が読むの?」と聞いているくらいでした。

あなたがとってもかわいい


「わたしはいつまでもあなたのおかあさんだから、いつまでもあなたがかわいい」と伝えるための絵本。

最後に紹介されたこの絵本、思わず涙が出てしまいました。

最後に

今回は「マツコの知らない世界」で「読み聞かせ絵本の世界」を紹介する内田早苗さんと、絵本に教育を求めてはいけないという理由と、番組で紹介される絵本について、調べてみました。

昔からある絵本から、今話題の絵本まで紹介されました。

「オニのサラリーマン」が気になりますが、私が欲しいと思った絵本は「あなたがとってもかわいい」です!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です