「天気の子」主題歌を歌う三浦透子は元なっちゃん!絶賛の歌声がすごい!

三浦透子,天気の子

出典:https://twitter.com/tenkinoko_movie

新海誠監督の最新映画「天気の子」の主題歌に三浦透子さんが参加することがわかり、それから数日後には予告第2弾が公開されました。

新海監督もRADWIMPSの野田さんも絶賛する三浦さんの歌声ですが、三浦さんは女優さん。

さらに2代目のなっちゃんだったそうです!

女優である三浦さんがなぜ「天気の子」の主題歌の女性ボーカルに選ばれたのでしょうか?

今回は三浦透子さんがなぜ女性ボーカルに選ばれたのか、新海監督とRADWIMPSの野田さんに絶賛される歌声について調べてみました。

スポンサーリンク

三浦透子さんはなっちゃん2代目だった!

三浦透子,なっちゃん

三浦透子さんのことはあまり知らなかったのですが、今回「天気の子」の女性ボーカルに選ばれたことを知って調べたところ、2代目なっちゃんだったということを知りました。

なっちゃんというのは、サントリーから発売されているオレンジジュース「なっちゃん!」のCMに出ている「なっちゃん」です。

初代は田中麗奈さん(初代だったんですね)で、堀北真希さんや桜庭ななみさんなどが「なっちゃん」を務めていました。

三浦さんは2002年6歳の時に3,000人の中からオーディションで選ばれたそうです!

画像を見てもかわいいですもんね。

でもそのオーディションで「歌ってください」と言われた時、「嫌です」と答えるような子供時代だったとか。

無事なっちゃんに選ばれてよかったな、となんだか大人は冷や汗モノのエピソードですよね。

三浦さんはお芝居のことだけを考えられる環境を探している頃現在の事務所ユマニテに出会い、2012年7月にエイベックス・マネジメントから移籍しています。

今年2月公開のオムニバス映画「21世紀の女の子」の「君のシーツ」で主演、映画「あの日のオルガン」で山岡正子役、この秋公開予定の映画「ロマンスドール」でひろ子役を務めるなど、女優として活躍する三浦さん。

「天気の子」で流れる三浦さんの歌声、楽しみです!

スポンサーリンク

映画「天気の子」主題歌の女性ボーカルはなぜ三浦透子さんになった?

RADWIMPS

出典:https://natalie.mu/

新海誠監督の映画「君の名は。」に引き続き、映画「天気の子」の楽曲もRADWIMPSが担当することになりました。

なぜ今回は女性ボーカルを起用することになったのでしょうか?

まず女性ボーカル起用の理由から見ていきたいと思います。

女性ボーカル起用はRADWIMPSの野田さんの提案

新海誠監督とRADWIMPSが再びタッグを組むことに決まった際、お互い初めましての気持ちでやろう、前回とは違うことをやろう、と決めていたそうです。

その時RADWIMPSの野田さんがまず提案したのが、「僕ではない誰か女性の声で歌が入ってほしい」ということでした。

その理由について、野田さんは次のように言っています。

  • 前作とは異なる世界観にしたかった
  • 女性ならではの、より大きな存在感でこの作品を包み込んでほしいと思った

1つ目はともかく、2つ目はかなりハードルの高い要望だな、と私は感じました。

約1年かけたオーディションで候補者が多数いる中から選ばれたのが、女優の三浦透子さんでした。

初めて「天気の子」のチームの皆さんにお会いしたとき、この作品にかけられた時間の重み、そしてなにより皆さんの作品への愛を強く感じました。その思いを、私の声に託してくださったこと、心より嬉しく思います。2ヶ月程かけて、野田さんのディレクションの元、ゆっくり丁寧にレコーディングをしていただきました。出来上がった曲が送られてきて、それを聴いて、私が歌って、また送られてきて、送り返して、となんだか手紙のやりとりをしているようで、とても楽しかったです。映画の中の二人をそっと見守り、そしてときにぐっと背中を押してあげるような、そんな優しい歌です。映画とともにこの楽曲が皆様に届けられる日を、楽しみにしています。
引用元:音楽ナタリー

野田さんの思いを請け負うのが、女優が本業の三浦透子さんだと考えると、三浦さん自身の覚悟みたいなものも感じます。

三浦透子さんに決まった理由は?

三浦透子さんが選ばれた理由について、RADWIMPSの野田さんと新海監督は次のように語っていました。

三浦さんの声は発せられた瞬間に、どんな天気をも晴れにしてしまうような圧倒的で不思議な力を持っていました。
まだ何にも染まっていない荒削りながらもまっすぐなあの歌声で今回『天気の子』の楽曲を歌ってもらえたことは、この映画にとって幸福なことだったと思います。
この作品以降も彼女がどんな歌を歌っていくのか、とても楽しみです。
引用元:音楽ナタリー

役者の歌声というよりも、世界そのものの響きのような声。
個人の感情をすこしだけ越えたような何かを、まっすぐに運んできてくれる声。三浦透子さんの声には、そんな印象を持ちました。
「透子さんの歌声が輝く瞬間を、この映画が輝く瞬間になるようにしよう。」
RADWIMPS とそう話しながら映画を組み立てていきました。
皆さんに、映画館でその瞬間を確かめていただけたら嬉しいです。
引用元:音楽ナタリー

私も予告で三浦さんの歌声を聴いた時、晴れた空にどこまでも響いていくような歌声だと感じました。

歌手ではないということにショックを受けるほど三浦さんの声は独特の美しさを持っていて、映画「天気の子」とそこに流れる三浦さんの歌の世界を映画館で見たい!!という衝動に駆られます。

新海監督とRADWIMPSの野田さんに絶賛される三浦透子さんの歌声は?

三浦透子さんの本業は女優ですが、CMソングや映画のエンディングソングを歌っていたり、カバーアルバム「かくしてわたしは、透明からはじめることにした」でCDデビューもしています。

三浦さんの歌声、気になりますよね!

三浦さんの歌声が聴ける動画をまとめてみました。

三浦透子さんが歌う映画「天気の子」主題歌「グランドエスケープ」




 
映画「天気の子」の予告第2弾で解禁となった、主題歌「グランドエスケープ」です。

新海監督と野田さんが言いたいこと、この歌を聴いてわかるような気がしました!

何にも染まっていない純粋な歌声って、きっとこういう歌声なんだろうな。そしてそれを最大限に引き出したこの曲もすごい!!

この予告だけで目の前に「天気の子」の世界が広がる感覚でした。

三浦透子さんはミノンのCMソングも歌っていた!




 
ミノンのCMソングを歌っているのも、三浦透子さんでした。

確かにこのCMソングを聴いた時、「キレイな声だけど誰なんだろう?」と思っていたことを覚えています。

その時は調べることもなかったのですが、今わかってなんだか納得しました。

ミノンのCMコンセプトにぴったりの歌声です。

映画「ロマンス」エンディングソング「Romance 〜サヨナラだけがロマンス〜」




 
三浦さんはこの映画「ロマンス」には出演されていないのですが、エンディングソング「Romance 〜サヨナラだけがロマンス〜」を歌っていました。

ミノンのCMといい、この映画「ロマンス」といい、大島優子さんに縁があるようですね!

今までのイメージとちょっと違う雰囲気の曲ですが、歌の上手い人はどんな曲でも歌いこなすんだな〜、と感心します。

英語の歌詞も全然違和感ないですよね。

 
映画「天気の子」関連記事はこちら
  ↓  ↓  ↓
映画「天気の子」特集

まとめ

今回は映画「天気の子」主題歌の女性ボーカルに三浦透子さんが選ばれた理由やその歌声などについて調べてみました。

RADWIMPSの野田さんが望んだ女性ボーカル像にぴったりと当てはまった三浦さん。

そしてその歌声を最大限に活かした楽曲を提供し、「天気の子」の世界を広げたRADWIMPS。

新海監督とRADWIMPSの最強タッグが三浦さんを迎えたことで、「天気の子」がどんな映画となるのか。

もう映画館で観るしかありませんよね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です