南三陸ホテル観洋の絶景露天風呂が最高!天然温泉の泉質や効能もまとめてみた!

東日本大震災からまもなく9年ですが、宮城県南三陸町にあるホテル観洋はご存じでしょうか?

このホテルはあの未曾有の大災害を地域とともに乗り越えただけでなく、南三陸町の観光拠点の1つとして今もなお地域の牽引役となっています。

とくに志津川湾を目の前に臨みながら入浴できる絶景露天風呂や、地元の食材を生かしたフォトジェニックな海鮮丼など、魅力的な観光資源がここにはあります。

今回は絶景露天風呂に焦点を当ててご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

南三陸ホテル観洋の露天風呂は絶景と天然温泉のコラボレーション!

南三陸ホテル観洋の最大の魅力の1つは、太平洋の志津川湾を目の前に臨む絶景の露天風呂です。

宮城県内では珍しい太平洋沿岸に湧き出た天然温泉で、ちょうどいい熱さのさらっとした温泉が楽しめます。

しかも本当に沿岸沿いにあるのでカモメやウミネコが飛んできそうなくらいに近く、潮の香りと広大な太平洋の景色が日ごろの疲れを取り除いてくれます。

男女で作りが異なっており、男性用はより開放的な岩風呂、女性用はなんだか竜宮城に来たかのような洞窟型のお風呂。

宿泊客の方であれば早朝4時から入浴可能なので、太平洋の志津川湾に朝日が昇る絶景が楽しめます。

日帰り入浴は11時から15時の間で行われているので、ショートトリップの際にもぜひ立ち寄りたいものです。

絶景露天風呂以外にも大浴場が2か所も併設されており、いろいろ湯めぐりするのも楽しいですね。

スポンサーリンク

南三陸ホテル観洋にある天然温泉の泉質・効能は?

南三陸ホテル観洋の温泉の泉質はナトリウム・カルシウムー塩化物泉の低張性中性低温泉となっています。

塩化物泉は日本に比較的多い泉質で飲用すると塩辛いのが特徴で、この泉質で代表的なのは熱海温泉ですね。

きりきず、末梢循環障害、冷え性、うつ状態、皮膚乾燥症に効用があるそうなので、都会のコンクリートジャングルの喧騒や人間関係に疲れたらぜひ心身を癒しに訪れたいものです。

また浸透圧は低張性となっていますが、これは水分が体に浸透しやすい優しいお湯だということ。

肌が弱い人でも安心して入れますね。

スポンサーリンク

南三陸ホテル観洋は被災者支援で露天風呂を無料開放!

ご存じの通り南三陸町は東日本大震災で甚大な被害を受けた町です。

15mを超える津波が襲い多くの死者行方不明者を出したこの地域で、ホテル観洋も建物の下層階に大きな津波の被害を受けましたが、そのような状態であってもこのホテルは震災直後から多くの被災者・ボランティアを受け入れました。

指定の避難所ではなかったのですが、被災した人々の受け入れ先になるよう努めるだけでなく、震災によって破壊されたコミュニティを再生しようと様々なイベントを催して交流の場を作りました。

スポンサーリンク

また自慢の露天風呂や大浴場も津波で瓦礫が入り込んだそうですが、4か月後には復旧工事が完了します。

そこでホテル観洋の女将は、狭い仮住まいで不自由な思いをしていた仮設住宅入居者を対象に無料入浴日を月に8~10日設けました。

「仮設住宅がすべて閉じられる最後の月まで無料入浴日を設ける」とのことでしたが、昨年12月に最後の入居者が退去され南三陸町の仮設住宅はすべて解消されたそうです。

ホテル観洋はそれ以外にも「南三陸町を復興のモデル地区にし、ホテルはその拠点になる」という信念のもと、「語り部バス」などの様々な震災伝承活動を現在も続けています。

南三陸ホテル観洋のキラキラいくら丼が絶品!朝食バイキングやウニ丼も贅沢!南三陸ホテル観洋,東館南三陸ホテル観洋の東館と西館の違いは?アクセスや日帰り入浴も調査!タコしゃぶ南三陸ホテル観洋売店のお土産は海産グルメがおすすめ!通販も調べてみた!

南三陸ホテル観洋にある天然温泉の絶景露天風呂とその泉質・効能についてのまとめ

南三陸ホテル観洋は震災を地域とともに乗り越えたホテルであるだけでなく、大変魅力的でかつ立地を生かした絶景露天風呂が特徴の観光拠点です。

カキやホヤなどの養殖のいかだが浮かび穏やかな海を目の前に、優しくサラサラの温泉に身が包まれる経験は至福以外のなにものでもありません。

この記事をご覧になったあなた、ぜひいまだ復興途中で頑張っている被災地へ足を運んでみてはいかがですか?

復興が少しづつ進み、活気を取り戻してきた南三陸町に遊びに来る祭はぜひこのホテルを拠点に観光してみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です