瀧澤瑠夏(ヒップホップダンス)の経歴や姉妹は?世界レベルの実力がすごい!

瀧澤瑠夏

引用元:https://twitter.com/jbstarnikki

2019年5月5日放送のミライ☆モンスターに、ヒップホップダンスの瀧澤瑠夏(たきざわるか)さんが出演しました。

予告でものすごい勢いで掃除をしていたのが印象的だったのですが、すごいミライモンスターだということがわかりました!

今回はヒップホップダンスの瀧澤瑠夏さんのプロフィールや姉妹、その世界レベルの実力について調べてみました。

スポンサーリンク

ヒップホップダンス・瀧澤瑠夏さんの経歴・プロフィール

瀧澤瑠夏

引用元:https://www.konami.com/sportsclub/

驚きのミライモンスター瀧澤瑠夏さんは、一体どんな人なのでしょうか?

瀧澤瑠夏さんのプロフィールから見ていきたいと思います。

瀧澤瑠夏さんのプロフィール

  • 名前     瀧澤 瑠夏(たきざわ るか)
  • ニックネーム るか
  • 生年月日   2001年7月10日
  • 出身地    埼玉県
  • 身長     身長153cm
  • 血液型    A型
  • 趣味     掃除、音楽、踊る事
  • 好きな食べ物 ぶどう、そば、辛いもの
  • 将来の夢   プロダンサーか体育の先生

瑠夏さんは小学校1年生からダンスを始めています。

現在コナミスポーツクラブに所属していて、2014年よりコナミスポーツクラブのJ.B.STARで活動しています。

J.B.STARとは、

コナミスポーツクラブのダンススクール「ダンシングスターズ」の中でも全体の約1%しか入ることのできない、選抜チームです
引用元:コナミスポーツクラブ

というすごいチームで、瑠夏さんはこんなチームのメンバーに選ばれているんですね!

過去2010年と2014年にHIPHOPダンス大会で、世界チャンピオンに輝くなど、実力は、国内トップクラス。小学生3年生から高校3年生までの32名で構成されています。
引用元:コナミスポーツクラブ

1%で32名ということは、約3,200人もの中から選ばれた1人ということになります。

更に瑠夏さんは2019年9月からJ.B.STARの新リーダーを務めています。

瑠夏さんは、

私は、個々のメンバーがパワーを付けることが、チーム全体のパワーにつながっていくと思っています。
引用元:コナミスポーツクラブ

と考えていて、自分が個人で日々できる事として、体力づくりを常に意識して行っているそうです。

ダンス以外にもアクロバットを習ったり、最近はあまり行くことができていないのですが、水泳をするときは必ず1,000m以上泳いだりしています。
引用元:コナミスポーツクラブ

ダンスだけでもかなり体力を使うと思いますが、その上アクロバットを習ったり、水泳では1,000mも泳ぐんですね!!

将来の夢は「プロダンサー」か「体育の先生」と思っているという瑠夏さんは、ダンスだけでなく他のスポーツも得意そうです。

何よりその努力家のところに頭が下がります。

瀧澤瑠夏さんの中学・高校は?

学校

瑠夏さんは、入間市立藤沢中学校を卒業しています。

この入間市立藤沢中学校の卒業生には元サッカー選手の川俣則幸さんや、元プロ野球選手の門倉健さんなどがいらっしゃいます。

瑠夏さんは現在、日本体育大学桜華高等学校の3年生で、「ダンスパフォーマンス専攻」だと思われます。

ダンスパフォーマンス専攻」の指導者は、コナミスポーツクラブ「ダンシングスターズ」のディレクター兼コーチ「イケダタク(池田拓)」さんです。

イケダタクさんは、

ダンサー・モデルとしてTV・CM・PV・舞台に多数出演する。
アメリカの音楽番組「Soul Train」出演・CM振付など海外での活動を生かすべく、
2005年よりWorld Hip Hop Dance Championship日本代表チームの振付師を務め、
同大会において現在まで18個(金4・銀8・銅6)のメダルを獲得、J.B.STARはじめ日本
チームのメダルを量産する。
引用元:コナミスポーツクラブ

という経歴を持つプロダンサーなので、ダンスの道を志す人なら、きっと目標にされる方なのではないでしょうか!

瑠夏さんはイケダさんの指導が受けたくて、日本体育大学桜華高等学校に入ったように思います。

追記 チームでは目立たない内気なタイプだった瑠夏さんを、リーダーに抜擢したのはイケダタクさんでした。

リーダーになったことに不安しかなかった瑠夏さんでしたが、イケダさんは

いろんなリーダー像がある。リーダーというのは作られていく、仲間に支えられて作られていくもの

と考え、瑠夏さんをリーダーに抜擢したそうです。

また瑠夏さんの実力はイケダさんのお墨付き!!

下半身がしっかりしている、男子がやる技を彼女はできる

と絶賛していました。

下半身がしっかりしているダンサーは、体幹がしっかりしているそうです。

素人の私から見ても瑠夏さんのダンスは安定感があって、どんなに激しいダンスでも決して体がブレることはありませんでした。

日本体育大学桜華高等学校では、器械体操や一輪車の授業があり、体幹を鍛えるトレーニングが通常の授業に組み込まれているそうです。

そういう学校の授業も、下半身や体幹を作る要素になっているんですね。

番組の最後にイケダさんは、チームをまとめてくれ、みんながレベルアップするきっかけを作った瑠夏さんに感謝の気持ちを話していました。

リーダーとして成長し、チームのみんなに助けてもらいながら、しっかりまとめあげた瑠夏さん。

関根勤さんが言っていた「立場が人間を作っていく」という言葉にも、感動しました。

スポンサーリンク

ヒップホップダンス・瀧澤瑠夏さんの妹・萌優さんもJ.B.STARのメンバー!


瑠夏さんには1歳年下の妹、萌優(もゆ)さんがいます。

萌優さんの誕生日は7月12日で、瑠夏さんと2日違いなんですね!

萌優さんもまた、瑠夏さんと一緒に2014年からJ.B.STARのメンバーに選ばれています。

萌優さんも日本体育大学桜華高等学校へ進学し、現在高校2年生です。

こんな2人のご両親はどんな方で、どんな風に育てられたのか気になりますが、情報は見つかりませんでした。

ミライ☆モンスターにはご両親が出演することもあるので、放送を確認したいと思います。

追記 萌優さんは瑠夏さんがリーダーに抜擢された時、大人しいから強く言えるか心配だったそうです。

瑠夏さんのフォローもしていたようで、妹としても瑠夏さんを支えていました。

また、自宅には大きな鏡があり、2人はその鏡の前で毎日練習しています。

お父さんの都仁さん(46歳)が、「真剣にやる!」という2人を応援するために取り付けてくれたそうです。

家族の力強い応援も、瑠夏さん萌優さんのちからになっているんですね。

ヒップホップダンス・瀧澤瑠夏さんが所属するJ.B.STARは世界レベルの実力!


瑠夏さんがメンバーとなっているJ.B.STARは世界大会へも出場するほどのチームです。

WORLD HIP HOP DANCE CHAMPIONSHIP2017」では、メガクルー部門で13位となり、瑠夏さんは東村山市から「スポーツ優秀選手賞」を受賞しています。

瀧澤瑠夏,表彰

引用元:http://www.ohka.ed.jp/

また江戸川区のタワーホール船堀で開催された「ALL JAPAN HIPHOP DANCE CHAMPIONSHIP2018」には、瑠夏さんと萌優さんお2人で参加し、メガクルー部門で優勝、バーシティ部門で2位となり世界大会出場を決めています。

その後アメリカ合衆国アリゾナ州フェニックスで開催された「WORLD HIPHOP DANCE CHAMPIONSHIP2018」では、メガクルー部門で第7位、バーシティ部門で第4位という成績を収めました。

J.B.STARが世界大会へ出場する実力のチームということは、瑠夏さんも萌優さんも世界で戦える実力を持っていることがわかりますよね!

今回のミライ☆モンスターでは、今年4月13日に行われた「ALL JAPAN HIPHOP DANCE CHAMPIONSHIP2019」へ出場した時の様子を密着するようです。

この大会でJ.B.STARは、

※メガクルー部門:年齢制限無 最小10名~最多40名構成
※バーシティ部門:12歳~17歳 最小5名~最多9名 構成
※ジュニア部門:7歳~12歳 最小5名~最多9名 構成
引用元:コナミスポーツクラブ

の3部門に出場しました。

ここからは番組のネタバレにもなってしまうのですが、この3部門すべてで2位となり、世界大会出場が決定しています!!

世界大会での活躍が楽しみです!!

まとめ


今回はミライ☆モンスターに出演するヒップホップダンスの瀧澤瑠夏さんの経歴や姉妹、ダンスの実力について調べてみました。

調べたことをまとめます。

  • 瀧澤瑠夏さんは日本体育大学桜華高等学校の3年生で、コナミスポーツクラブのダンススクール「ダンシングスターズ」の中で約1%しか入ることのできないJ.B.STARのメンバー
  • 瑠夏さんのご両親の情報は見つからなかったが、妹の萌優さんもまたJ.B.STARのメンバーで日本体育大学桜華高等学校2年生だった
  • J.B.STARが何度も世界大会へ出場していることから、瑠夏さんも世界レベルの実力の持ち主


ミライ☆モンスターでは、瑠夏さんがJ.B.STARのリーダーとして、みんなに支えられながら成長した姿も見ることができました。

苦手だった「顔の表情」も、全国大会本番では豊かな表情になっていて、とても苦手だなんて思えないくらいでした!

世界大会、頑張ってください!!応援しています!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です