和牛の芸歴・受賞歴まとめ!M-1無冠でも最もチケットの取れない人気芸人!

今、吉本芸人の中でも最もチケットが取れないぐらい人気のコンビ、和牛。

M-1グランプリでは2016年から2018年まで準優勝を果たしているものの優勝ならず無冠の帝王と言われていますが、優勝している賞レースがあることは知っていますか?

今回はそんな和牛の芸歴や受賞歴についてご紹介します!

スポンサーリンク

和牛の芸歴

和牛は2006年に結成したため、今年で芸歴14年目になります。

ですが、吉本の養成所であるNSCは26期なので、個人の芸歴としては16年になります。

同期にはM-1グランプリ2019年で準優勝だったかまいたちや、大阪で多くのレギュラー番組を持っている人気コンビのアキナの山名文和さん、去年東京進出を果たし今大注目のコンビであるアインシュタインのツッコミの河井ゆずるさんなどがいます。

和牛はNSC在籍中に出会ったわけではなく、卒業後に同期のバイク川崎バイクさんの紹介で出会いました。

それまではお互いにコンビを組んでは解散を繰り返し、ピンで活動をしていました。

しかし、お互いが今の相方と出会ってこれが最後のコンビにしようと覚悟していたのではないかと思います。

和牛のファンは水田さん・川西さんを結んだバイク川崎バイクさんに感謝しなければなりませんね!

和牛の結成秘話についてはこちら!

和牛のコンビ名の由来と結成日や結成秘話についてもまとめてみた

M-1グランプリ2019で上沼恵美子さんの和牛に対する発言が話題になっていましたが、確かに芸歴14年目にしては完成されすぎた漫才なのかもしれません。

ですが、それは2015年から2019年まで決勝の舞台に立ち続け、洗練された漫才になったからです。

今後どういったスタイルの漫才になるのか注目が高まりますね!

スポンサーリンク

和牛の受賞歴

M-1グランプリで無冠の帝王として知られている和牛。

確かにM-1では優勝していませんが、和牛には様々な賞レースでの受賞歴があります。

ここではM-1グランプリでの受賞歴と、その他の賞レースの受賞歴についてご紹介します。

無冠の帝王・和牛の受賞歴①M-1グランプリ

  • M-1グランプリ2015 決勝進出(第6位)
  • M-1グランプリ2016 準優勝(1stラウンド2位通過)
  • M-1グランプリ2017 準優勝(1stラウンド1位通過)
  • M-1グランプリ2018 準優勝(1stラウンド2位通過)
  • M-1グランプリ2019 決勝進出(第4位)

こう見ると和牛が実力派漫才師と言われている理由が分かりますね!

和牛は毎年ネタの芸風をちょっとずつ変えてM-1グランプリに挑戦していました。

彼氏と彼女の設定でデートに行く漫才を披露することもあれば、川西さんが水田さんのお母さんになりきってオレオレ詐欺撃退の練習をする漫才を披露することもありました。

常に新しい和牛の漫才を決勝の場で披露し、評価されてきました。

毎年日本一の称号をかけて戦っていた和牛ですが、M-1グランプリ2019のあとラジオのレギュラー番組にてM-1卒業宣言をしました。

芸歴的にはあと2回出場できるはずですが、毎年悔しい思いをしているので、またM-1グランプリの舞台で観たいという気持ちと、2人の辛そうな顔は見たくない気持ちがあってすごく複雑です。

でもM-1グランプリの順位にとらわれず、本人たちが楽しく漫才してくれればうれしいですね。

スポンサーリンク

無冠の帝王・和牛の受賞歴②その他の大会

 

  • 2012年第9回MBS新世代漫才アワード 第4位
  • 2012年THEMANZAI2012 認定漫才師
  • 2013年第2回ytv漫才新人賞 第3位
  • 2013年第34回ABCお笑いグランプリ 第9位
  • 2013年第43回NHK上方漫才コンテスト 準優勝
  • 2013年THEMANZAI2013 認定漫才師、ワイルドカード決勝戦進出
  • 2013年オールザッツ漫才2013ドリームジャンボ1分バトル 優勝
  • 2014年第3回ytv漫才新人賞 準優勝
  • 2014年第35回ABCお笑いグランプリ 第3回
  • 2014年第44回NHK上方漫才コンテスト 優勝
  • 2014年THEMANZAI2014 認定漫才師、本戦サーキットランキング第8位で決勝進出
  • 2017年第52回上方漫才大賞 奨励賞ノミネート
  • 2018年第53回上方漫才大賞 奨励賞 

このように、和牛はM-1グランプリ以外にも数々の賞を受賞しています。

M-1グランプリの活躍から徐々に知名度が上がり、今では人気コンビとなりましたが、受賞歴を見る限りかなり苦労してきたようです。

同期の藤崎マーケットは2007年からメディアへの露出が増え、ラララライ体操で一世を風靡しています。

2014年の第3回ytv漫才新人賞では和牛をおさえて優勝しました。

また同期の天竺鼠も2008年にキングオブコントの決勝に進出しています。

周りの同期芸人が大会で結果を残していることで相当不安と焦りがあったと思います。

でもこの長い下積み時代があったからこそ、漫才の実力が評価されるまでになったと思います。

和牛のおすすめネタを厳選!これを見れば漫才の実力と魅力がわかる!和牛のネタ作り担当はどっち!?作り方も変化した最強の芸風はこうしてできた!

和牛の芸歴・受賞歴のまとめ

  • 和牛は今年14年目を迎える
  • M-1グランプリでは2015年から決勝進出を果たしている
  • 和牛は2013年オールザッツ漫才2013ドリームジャンボ1分バトル・2014年第44回NHK上方漫才コンテストで優勝している!

いかがでしたか?

和牛が無冠の帝王と言われている理由は、M-1グランプリで惜しくも優勝を逃す結果が続いたからです。

それでもまだまだ若手と言われる芸歴で、数々の受賞歴を残しているのは本当にすごいことだと私は思っています。

これからの活躍に期待が高まりますね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です