Artsy(オンラインギャラリー)の特徴は?有名な画家の絵も楽しめる!

梅雨の時期が続いていますが、みなさん心地よいおうち時間を過ごされていますか?

過去の記事で多くのオンラインギャラリー、アートのECサイトを紹介してきましたが、今回ご紹介するのは世界トップレベルの作品が購入できるサイト!

その名も「Artsy」!

このオンラインギャラリーでは、バンクシーや草間彌生、村上隆やパブロ・ピカソといった教科書に出てくるレベルの有名な画家の絵や芸術家の作品を購入することができるんです!

Artsyの特徴についても調べてみました。

スポンサーリンク

Artsy(オンラインギャラリー)では世界中のアートの動向が知れるのが特徴!

Artsyってどんなサイト?

Artsyとは世界中の美術館やギャラリーで所蔵している作品を拝見・購入できる世界最大級のオンラインギャラリーです。

Artsyに登録している4000以上もの世界中の美術館やギャラリーから、40万点以上もの作品を閲覧することが出来ます。

つまり、今世界ではどんな作品がトレンドになっていてどれだけ取引されているか、このartsyを閲覧するだけでわかるということ。

ニュースでよく見るような作品が数十億円で取引されるようなあの芸術家、他の作品ならばいくらで購入できるのかもわかります。

たとえば日本人だと草間弥生さんの作品を見てみましょう。

1800万HKD(約2億4800万)というとてつもない価格で販売されていました…。

またお馴染みのバンクシー作品は?

バンクシーの作品の中で最も有名と言ってもいい女の子がハートの風船を手放している版画作品は7,500ドル(約800万円)からの販売となっていました…。

ちょっと手が出せない価格の物が多いですが、気に入った作品があればその販売しているギャラリーやアートコレクター個人にコンタクトを取り、購入のための交渉をすることができます。

交渉ときくと尻込みしてしまいますが、Artsyのエージェントを通して交渉することも可能です。

また作品によっては交渉もせず普通のオンラインショッピングのようにカートに入れてそのまま購入できるものもありました。

全ての作品が数百万するのかと思いきや、サイズが小さいものであれば意外と作品本体の価格は10万円いかないものもあり、庶民にとって手の届かない作品ばかりというわけではないようです。

スポンサーリンク

Artsyで日本と世界の違いを楽しもう

日本のアート市場は小さく、国内で人気のある作家が海外でも人気かというと必ずしもそういうわけではありません。

国内では名が知られていなくても、海外では人気急上昇で価格が高騰しているというような作家も多いです。

そういう国内と海外のギャップもArtsyで楽しめる要素のひとつですね。

またアーティスト自身も、これから世界にはばたきたいと思っている若者はぜひみておくべきサイトのひとつではあるでしょう。

どこのギャラリーが力を持っているのか、今世界のトレンドがどうなっているのかがわかります。

Artsy(オンラインギャラリー)では有名な画家の絵が楽しめる!

Artsyに掲載されている作品の画像はどれも超高画質で、作品の筆遣いと言った細部まで詳しく確認することができます

買うことはできなくても、デバイス上で芸術鑑賞ができるというわけですね。

また世界中の美術館も販売はしていないものの所蔵作品を掲載しているので、バーチャル美術館として画面の中で様々な芸術品の観賞が楽しめます。

その他にも美術館でもギャラリーでもないパブリックアートや個人コレクターのプライベートコレクションなども掲載されていて、まるで世界中のアート情報のハブのような存在となっています。

アートのECサイトではお馴染みとなったコラムももちろん掲載されているので、英語ではありますが世界最先端のアート情報に触れられるのでぜひみてみてください。

もし購入を検討している場合、Artsyはアプリも出しており、そのアプリの方ではAR機能が搭載されています。

実際の作品がどれぐらいのサイズで設置予定場所との雰囲気の兼ね合いはどうかなど確認することができるので、失敗しない買い物にするためにぜひ利用してみてください。

この機能を使うと、価格がべらぼうに高い割には思ったより作品のサイズが小さかったりして面白いものです。

スポンサーリンク

Artsy(オンラインギャラリー)ではネット上でオークションに参加できる!憧れのあの作品も手に入るかも⁉︎

Artsyではなんとオークションに参加することができるんです!

オンライン上で入札可能なオークションが頻繁に開催されており、ホームページあるいはartsyのアプリから参加できちゃいます。

アートのオークションなんて世界の極々一部の人だけが参加できるミステリアスなイベントのイメージですが、その世界を垣間見ることができるんですね。

まぁ参加したとしても数百万~数億円での落札になる可能性が高いですが、財力に自信のある方はぜひ参加してみてください。

Artsy

バンクシーの作品を扱っているオンラインギャラリーや「美術手帖」のオンラインギャラリーについても書いています!

Walls Tokyoの評判・口コミや購入方法を調査!バンクシーの作品も!?OIL by 美術手帖の評判・口コミまとめ!購入方法や作品の種類も調査!

Artsy(オンラインギャラリー)の特徴と楽しみ方のまとめ

Artsyを見ることで、世界のアート市場がどうなっているのか把握することができます。

もちろん日本国内で流通している作品も素晴らしいですが、より市場規模の大きなアメリカや中国、イギリスとは傾向が違う場合があることも事実。

今まで好きだと言えるアート作品に出会えなかった方も、このサイトを見ればきっとお気に入りの作品に出会えるでしょう。

購入しなくてもArtsyのサイト内を巡るだけでも十分楽しめるので、ぜひ覗いて見てください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です