高橋祥子(ジーンクエスト)の経歴や家族は?医者や研究者ばかりの家系!?

高橋祥子

出典:https://www.itmedia.co.jp/

京都大学を出て東大の大学院へ進んで、更に大学院在学中に起業された女性と聞けば、ものすごいキャリアウーマンを想像してしまいます。

キャリアを考えればもちろんそうなのですが、かわいくて柔らかい雰囲気を持っている高橋祥子さんを見た時、私はそんなキャリアをお持ちだとはとても思えませんでした。

その高橋祥子さんが、なんと4月10日放送の「あいつ今何してる?」に出演されます!!

一体高橋祥子さんとは、どんな方なのでしょうか?

今回は大学院在学中にジーンクエストを立ち上げた高橋祥子さんの、経歴やご家族について調べてみました。

スポンサーリンク

ジーンクエスト代表・高橋祥子さんの経歴・プロフィール

高橋祥子

出典:https://camp-fire.jp/

高橋祥子さんのプロフィール

  • 名前   高橋 祥子(たかはし しょうこ)
  • 生年月日 1988年生まれ
  • 出身地  大阪府
  • 学歴   豊中市立第十一中学校 卒業
         大阪府立北野高等学校 卒業
         京都大学農学部 卒業
         東京大学大学院農学生命科学研究科修士課程 修了
         東京大学大学院農学生命科学研究科博士課程 修了
  • 職歴   (株)ジーンクエスト 代表取締役社長(2013年6月~)
         (株)ユーグレナ 執行役員(2018年~)
         東京大学大学院農学生命科学研究科博士研究員
         科学技術振興機構統合化推進プログラム研究アドバイザー
         東京工業大学非常勤講師
         個人遺伝情報取扱協議会理事

高橋祥子さんは2年間フランスで生活していた!

フランス,エッフェル塔

高橋さんは5歳までは京都で暮らし、5歳から7歳までの2年間、お父さんの仕事の都合でフランスのナントで生活していました。

外国人扱いされることは多かったそうですが、「人と違うことが良い」という環境に、高橋さんは強く影響されたようです。

「人と違うと感じる瞬間が、自分の個体の存在を認識するので面白いし好きなんです。」
引用元:Entrepreneur

と高橋さんはインタビューでも言っていました。

帰国してからは大阪の豊中市内の小学校へ転入し、中学は豊中市立第十一中学校へ進学します。

豊中市には第一~第十八まで中学校がありますが、第十一中学校は大阪府立北野高等学校への進学率が高いそうです。

学生時代は優等生タイプだった高橋さん。

学年で成績1位を取った時、お父さんに「そんなレベルで一喜一憂してないよね。他人の評価を気にせずに、自分の評価軸でおもしろいと思う世界を深く持て」と言われたそうです。

その言葉をメモしてずっと自分に言い聞かせてきたことが、今の高橋さんへ繋がっているんですね。

もともと頑張りすぎる性格という高橋さん。

吹奏楽部ではトランペットを吹いていて、練習し過ぎで口から血が出たほどだったそうです。

そういえば娘がトランペットを吹いていた時、何度リップを塗っても唇が痛くなってしまい、血を出したことがあったので聞いてみました。

トランペット吹いてた時唇から血出してたよね?
練習しすぎるとみんな血が出るの?

頑張っている人はみんな口から血が出るよ。
吹けば吹くほど唇はガサガサになっちゃうから。

トランペットは唇を震わせて音を出すので、音を出すだけでも大変です!

その努力の結果、高橋さんはソロで大阪府代表になりました。

高校入試ではトランペットで推薦ももらっていたそうですが、世界では勝てないとやめたそうです。

高校は京都大学の進学率がトップクラスの大阪府立北野高等学校へ。

大阪府立北野高等学校は偏差値76の偏差値ランキング大阪府1位の高校で、卒業生には漫画家の手塚治虫さんや弁護士で元大阪府知事の橋下徹さん、アナウンサーの有働由美子さんなどがいらっしゃいます。

医者になると思っていた高橋さんですが、お父さんの病院に見学に行って病気の人達を見て、「治す」ということだけでなく、人が病気になる前になんとかできないか、と考え、幅広い視点で生命科学に携われたらと思うようになったそうです。

京都大学農学部へ進学して卒業後、東京大学大学院農学生命科学研究科修士課程へと進み、同大学院の博士課程在学中の2013年6月に(株)ジーンクエストを設立しました。

「防ぐ」医療推進のため、高橋さんは突き進んでいるんですね。

スポンサーリンク

受賞歴

桜

  • 2012年 東京大学大学院農学生命科学研究科長賞
  • 2013年 テクノロジー&ビジネスプランコンテスト優秀賞
  • 2015年 リアルテックベンチャー・オブ・ザ・イヤー
         科学技術への顕著な貢献2015(ナイスステップな研究者) 選定
         経済産業省 第二回日本ベンチャー大賞 経済産業大臣賞(女性起業家賞)
  • 2017年 第10回 日本バイオベンチャー大賞 日本ベンチャー学会賞
  • 2018年 世界経済フォーラム ヤング・グローバル・リーダーズ2018 選出 など

高橋さんは、大学院在学中から様々な賞を受賞しています。

私は聞いたことのない賞ばかりですが、それだけ高橋さんの研究は注目され、認められているんだということはわかります。

遺伝子レベルで病気を防いでいく。

確かに科学は日々進化して、その研究がどこまで進んでいるのかもわかっていませんが、いつの時代も新しい発想があって初めて知識は生かされるものです。

自分の思いを努力と発想で実現している高橋さんは、尊敬という言葉だけではもう言い表せません。

ジーンクエスト代表・高橋祥子さんの両親や兄弟は?

家族,父,娘

高橋さんにはご両親と1歳年上のお姉さん、3歳年下の弟さんがいらっしゃいます。

先述しましたが、お父さんは医者で、外科医をされています。

お母さんは専業主婦ということです。

家族は医者ばかり、と高橋さんは言っているので、お姉さんと弟さんも医者である可能性が高いと思います。

お母さんももしかしたら以前は医者で、出産を機に退職されたのかもしれませんね。

とにかく優秀なご一家であることは間違いありませんね。

気になる高橋さんの彼氏や旦那様については、情報が見つからずわかりませんでした。

ご自身のTwitterで、2017年12月には適齢期なので結婚したい、と言っていて、Twitterでの結婚依頼に誰かわかるように暗号化して連絡がほしいと言うようなことを言っていますので、当時は彼氏もいなかったのではないかと思われます。

スポンサーリンク

ジーンクエスト代表・高橋祥子さんの家族や親戚には医者や研究者が多い!

研究者

高橋さんは家族は医者ばかりと言っていますが、親戚にも医者や研究者が多いと言っていました。

叔父さんは医学の研究をされているそうです。

周りに企業に勤めている人はいなかった、とも言っているので、起業することへの抵抗はあまりなかったのかもしれません。

高橋さんが人を助けたいという思いは医師としての血から、遺伝子解析の研究を追求していく姿勢は研究者としての血から、と考えれば、高橋さんが起業家となったのは高橋さんのオリジナリティなのかな、という気がします。

まとめ

赤ちゃん_母

今回はジーンクエスト代表高橋祥子さんの、経歴やご家族について調べてみました。

調べたことをまとめます。

  • ジーンクエスト代表の高橋祥子さんは、5歳までは京都で暮らし、5歳〜7歳までの2年間はフランスで暮らし、帰国後は大阪豊中市で暮らしていた
  • 高橋さんは東京大学大学院農学生命科学研究科博士課程在学中にジーンクエストを設立
  • 東京大学大学院農学生命科学研究科長賞や経済産業省「第二回日本ベンチャー大賞」経済産業大臣賞(女性起業家賞)など数多くの受賞歴がある
  • 高橋さんはご両親と姉、弟の5人家族
  • 2017年時点では結婚しておらず、彼氏もいなかったと思われる
  • 高橋さんの家族や親戚には医者や研究者が多く、父は外科医で叔父は研究者と言っていた

高橋さんの目指す「防ぐ」医療は、これからもっともっと進化して私達の生命を救ってくれるに違いありません。

死に至る病を防ぎ、健康に年老いていくことは、全人類の願いだと思っています。

高橋さんの挑戦に敬意を表します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です