「翔んで埼玉」のあらすじ・ネタバレ!原作漫画との違いと感想!

2020年2月8日21時のフジテレビ系・土曜プレミアムで、映画「翔んで埼玉」が地上波初放送されます。

完全ノーカット放送ということで、今から楽しみです!

この「翔んで埼玉」は魔夜峰央さんが原作の漫画実写化で、二階堂ふみさん、GACKTさんを始めとするキャストも豪華で話題になりました。

今回は映画「翔んで埼玉」のあらすじ・ネタバレと、原作漫画との違い、感想についてまとめてみました。

※原作漫画・映画をご覧になっていない方、ここからはネタバレが含まれますのでご注意ください!

スポンサーリンク

映画「翔んで埼玉」あらすじ・ネタバレ

埼玉県熊谷市。

菅原家の夫婦(演・ブラザートムさん、麻生久美子さん)と娘の愛海(演・島崎遥香さん)は、結納のため、車で東京に向かっていました。

愛海の結婚相手・五十嵐春翔(演・成田凌さん)は浦和在住ですが、結婚後は東京に住むことを決めており、愛海は埼玉を脱出できる喜びを感じていました。

そんな車内にながれるFMラジオから、不思議な都市伝説の物語が始まります。

埼玉県民が、東京都民からひどく迫害されていた世界の話です。

通行手形なしには県境の関所から東京都に入ることも許されず、都内を歩くことすらできない埼玉県民。

自分たちではどうにもできない、強大な東京都の権力に虐げられた彼らは、いつか自分たちを解放してくれる救世主の出現を信じ、耐えていました。

そんなある日、一人の高校生がアメリカから帰国。

代々の東京都知事を輩出してきた超名門「白鵬堂学院」に転入してきた彼の名は、麻実麗(演・GACKTさん)。

東京でも有数の資産家の眉目秀麗な御曹司です。

学院トップクラスの生徒らが集うA組の生徒らの羨望の的となりました。

白鵬堂学院の生徒会長である美少年・壇之浦百美(演・二階堂ふみさん)は、現・東京都知事である壇之浦建造(演・中尾彬さん)の一人息子。

学院に厳格な規範を定め、君臨していました。

彼の将来の夢は、父の跡を継ぎ東京都知事の椅子につくこと。

麗に興味を持った彼は自ら学内を案内しますが、そこで騒動が起こります。

この学院の生徒らには厳格な序列があり、出身地、居住地によりクラスが選別されるのですが、その最下層のZ組には、親の転勤などで東京に来て入学したものの、世間と同様に虐げられていた埼玉県民の生徒らが在籍していました。

ひどい腹痛で医務室の使用を訴える生徒に対し、

「埼玉県人にはそこら辺の草でも食わせておけ!」

とぞんざいに扱う百美に批判的な態度をとる麗。

最初は対立したものの、麗との直接対決を通じて、百美は次第に麗に惹かれ、自宅に招待するまでになっていました。

そこで麗は、壇之浦都知事に仕える執事・阿久津(演・伊勢谷友介さん)と出会います。

阿久津は麗の素性を一目で見抜きました。

「貴様、埼玉だな・・・?」

麗は、複雑な生い立ちのもとに埼玉の人々の思いを背負って生きていた「隠れ埼玉県人」だったのです。

ある日、百美と遊園地にやってきた麗の前に、息子にせがませて遊びに来たという、埼玉県人であるメイドのおかよ(演・益若つばささん)が現れます。

おかよは通行手形を持っていなかったことから、当局に麗の前で連行されてしまいます。

さらに彼女らをかばったことで、麗自身が埼玉県人だということが発覚。

その正体に驚き、うろたえる百美でしたが、麗に思いを寄せていた百美は、自らの地位も名誉もすべて投げうって、彼についていく決意をしたのでした。

ひとまず池袋に身を隠した麗と百美でしたが、警戒が厳しい東京都の境を避け、茨城を経由して埼玉を目指すことを決意。

険しい茨城の道を歩む二人を追い、壇之浦家の執事、阿久津が現れました。

彼のもう一つの顔は、千葉解放戦線のリーダーでした。

東京都知事に接近し、千葉県人の権利を認めさせようと暗躍していたのです。

なんとか阿久津の攻撃を退け、埼玉県入りした麗と百美。

二人が頼ったのは、謎の人物・埼玉デューク(演・京本政樹さん)でした。

ところが、初めて足を踏み入れた埼玉で、百美は風土病「サイタマラリア」に倒れます。

治療に必要な血清は東京にしかなく、治療のために立ち上がったデュークは銃撃され、百美も奪還されてしまいます。

麗は、自分の本当の父親はデュークであることを知り、その遺志を継いで埼玉解放戦線の最前線に立つことを決意。

その頃、千葉解放戦線が荒川越しに埼玉に攻め込んでくるという情報が入ります。

麗は彼らを流山で食い止めるべく、埼玉解放戦線の支部長らを鼓舞しますが、長らく圧政に苦しめられ、自らの無力を知る彼らには、麗の声が届きません。

そんな彼らに、麗は言います。

「他県が埼玉を何と呼んでいるか知っているか?」

ダサイタマ、くさいたま、田舎くさいたま、古くさいたま、アホくさいたま・・・

悔し涙を流しながら蔑称を絞り出す麗の前に、白鵬堂学院のZ組の生徒であり、麗に救われた少年、下川信男(演・加藤諒さん)が現れ、訴えます。

「悔しくないのかよ!埼玉は、何もないけど住みやすくていいところじゃん!」と。

彼の言葉に、支部長たちの郷土愛が再燃。

江戸川の河川敷に強大な陣地を構築して激突することになりました。

そのころ、連れ戻された自宅で目覚めた百美は、父親である壇之浦都知事が通行手形の発行による東京都の長年にわたる蓄財を突き止め、その在処を求め、埼玉・茨城を凌駕する秘境、群馬県の赤城山を目指していました。

現住民らに捕獲された百美でしたが、すべてが他県の者たちが秘密に近づかないように巧妙に仕組まれた罠だったことを突き止めます。

一方江戸川を挟んで対峙した両解放戦線は、出身地対決を展開、互いの戦力を誇示しあいます。

とうとう橋の上で両陣営が直接対決に踏み切る頃、都庁では壇之浦都知事と神奈川県知事が、その様子を見下ろしていました。

埼玉・千葉の両解放戦線は、真の敵は東京都、そして都知事だと気づき、新宿へとなだれ込みます。

その後押しをするように、百美は真実を記したビラを、都庁の窓からまき散らしました。

尊敬していた父親の悪事を暴くことで、百美は麗への愛に殉じたのでした。

東京都の権威は失墜し、都知事は逮捕され、悪事のすべてが暴かれます。

埼玉と千葉を長い間苦しめていた制度は瓦解し、麗と百美は新しい人生を共に歩むことを選びました。

ラジオから流れる都市伝説の物語が完結し、菅原家の車も結納会場へ到着。

感涙にむせぶ両親を冷めた目で見る愛海でしたが、婚約者の車も結納会場に停まっていることに気づきます。

愛海がその車に駆け寄ると、感涙にむせぶ婚約者の姿を発見。

彼も菅原家と同じラジオを聴きながらここへ来たのです。

婚約者の第一声は、「結婚したら春日部に家を建てよう!」でした。

騒動の責任を取り麗は逮捕されましたが、埼玉解放戦線は勢いを増し、新しいプランを立てていました。

埼玉を中心にして産業を起こし、埼玉都民と言われる大勢の埼玉県民を東京に送り込み、全国各地に“埼玉”ブランドを進出させていくというものでした。

伝説の闘争から積み重ねてきた埼玉化計画は、とうとう「世界埼玉化計画」という壮大な野望に着手することになっていきます。

多くの埼玉県民が集うその場所に現れたのは麗と百美の二人。

埼玉化計画の実現は、まだまだこれからなのでした。

スポンサーリンク

「翔んで埼玉」の映画と原作漫画との違い

映画と原作漫画との違い①埼玉県と千葉県の対立

原作では「麗と百美が埼玉デュークを捜しに旅に出る」というところで話が終わっていて、そこに千葉県は登場しません。

原作自体がかなり短く、未完の作品なので、映画化するにあたりストーリーをふくらませる必要があったのだと思われます。

対立・のちに協力する千葉県、そしてそれを率いる阿久津という要素が加えられています。

埼玉県のライバルの筆頭となるのが千葉県であり、映画では千葉県と埼玉県が自らの権利を得るために争う様子が描かれています。

でも、互いが得ようとしている権利が、実は同じものであったと気づくことで、双方は「昨日の敵は今日の友」という間柄に変化、「埼玉+千葉」対「東京都」という新たなストーリーが展開されることとなりました。

この追加要素により、埼玉県民だけでなく、千葉県民・東京都民もこの映画を楽しく鑑賞できるようになったのではないでしょうか。

スポンサーリンク



映画と原作漫画との違い②薄められた政治色

ネタ半分のおまけ漫画という位置づけであった原作では、かなり出版当時の政治的なネタが色濃く描かれていました。

原作では百美の父は東京都知事ではなく、白鵬堂学院の理事長であり、理事長の元に階階堂進なる人物が接触を図っています。

この階階堂進、自民党の幹事長であり、影の総理と言われる田×角×の右腕的な人物でした。

地方出身者に対する差別政策を維持するため、麗の組織を壊滅させようと謀る役割を担っていますが、映画では一切登場することのない要素となっています。

また、映画では麗が埼玉県人でないことを示す際には、埼玉のシンボルであるしらこばとの焼き印が入った草加せんべいが使われましたが、原作では埼玉県知事の写真を踏ませる、文字通りの踏み絵でした。

いずれも実写化するにはあまりにまずいために、映画用にマイルドに、かつどんな世代でもわかる表現になっています。

映画と原作漫画との違い③現代のリアルな埼玉県民の存在

この物語があくまでもフィクションであることを表すために、映画では現代パートが間に挟みこまれています。

現代パートには「なんだかんだ埼玉が気に入っている両親」と「埼玉を嫌い東京都民になりたい娘」そして「都市伝説に感化され、埼玉県民であり続けることを選んだ婚約者」が登場。

これによって、都市伝説部分の荒唐無稽でぶっ飛びすぎているストーリーに冷静なツッコミがしばしば入れられるようになっています。

埼玉県民の内輪受けだけで終わってしまいそうな作品に第三者のツッコミが入ることで、このストーリーに一切絡まない地方に居住する観客であっても、

「自分が住む県だったら、千葉県はあの県に置きかえられるな」

など、自分の住む自治体に当てはめて想像することができ、ストーリーに入り込みやすくなる効果が生じているのではないでしょうか。

映画「翔んで埼玉」の感想

原作を読んだ時、埼玉県のあまりのディスられっぷりに笑いつつも、作品がかなり昔のものであったこと、未完であったことから「この後は一体どんな話が展開されるはずだったのだろうか」ということが気になり、消化不良のままで終わっていました。

これが映画化されると聞いた時に、あのぶっ飛んだ漫画をどのように実写化するのだろう!?と非常に興味深く公開を待っていました。

いざ映画を見てみると、未完だった部分に「千葉県との対立、対立からの協力」「現在パート」を加えることで、見事に一本の映画作品として出来上がっていることにまず驚きます。

おそらく全作品のうち半分がこの追加された要素で占められていたように思います。

それが元の原作パートを殺さず、むしろ上手に生かしていたことに制作陣のこだわりを感じることができました。

スポンサーリンク

また、主人公の麗と百美のぶっ飛びつつも耽美的なビジュアルを誰がどのように表現するのだろうと思っていましたが、百美の中性的な感じを二階堂ふみさんが見事に再現。

また、麗の耽美な感じをGACKTさんが驚くほど自然に演じていたのに感動すら覚えました。

この2人が原作の雰囲気に忠実であったからこそ、この映画を集中してみることができたといっても過言ではないかもしれません。

映画「翔んで埼玉」の興行収入の最新!推移や受賞歴もまとめてみた映画「翔んで埼玉」を無料視聴できるVOD(動画配信)のおすすめを厳選!

映画「翔んで埼玉」のあらすじ・ネタバレ・感想のまとめ

今回は映画「翔んで埼玉」のあらすじや原作との違いなどをまとめました。

漫画の実写化は原作の雰囲気を殺してしまい、失敗することも多いのですが、この作品はむしろ原作の魅力をさらに引き出し膨らませた、大成功作だったと思います。

ノーカットで放送される「翔んで埼玉」。

放送が楽しみです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です